サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

目次

マクマリー有機化学概説 第6版

マクマリー有機化学概説 第6版

  • John McMurry(著)/ Eric Simanek(著)/ 伊東 【ショウ】(訳)/ 児玉 三明(訳)
  • 1.構造と結合;酸と塩基
    • 1・1 原子の構造
    • 1・2 原子の電子配置
    • 1・3 化学結合論の発展
    • 1・4 化学結合の性質
    • 1・5 共有結合の生成:原子価結合法
    • 1・6 混成:sp3軌道とメタンの構造
    • 1・7 混成:sp3軌道とエタンの構造
    • 1・8 二重結合と三重結合
    • 1・9 極性共有結合:電気陰性度
    • 1・10 酸と塩基:Brønsted‐Lowryの定義
    • 1・11 酸と塩基:Lewisの定義
  • 2.有機化合物の性質
    • 2・1 官能基
    • 2・2 アルカンとアルキル基:異性体
    • 2・3 分枝アルカンの命名法
    • 2・4 アルカンの性質
    • 2・5 エタンの立体配座
    • 2・6 化学構造の表し方
    • 2・7 シクロアルカン
    • 2・8 シクロアルカンにおけるシス−トランス異性
    • 2・9 種々のシクロアルカンの立体配座
    • 2・10 シクロヘキサンのアキシアル結合とエクアトリアル結合
    • 2・11 シクロヘキサンの配座の動きやすさ
  • 3.有機反応の性質:アルケン
    • 3・1 アルケンの命名法
    • 3・2 アルケンの電子構造
    • 3・3 アルケンのシス−トランス異性体
    • 3・4 順位則:E,Z命名法
    • 3・5 有機反応の種類
    • 3・6 反応はどのようにして起こるか:反応機構
    • 3・7 極性反応の機構
    • 3・8 有機反応の機構:エテンへのHClの付加
    • 3・9 反応の表し方:反応エネルギー図と遷移状態
    • 3・9 反応の表し方:エネルギー論と触媒
  • 4.アルケンとアルキンの反応
    • 4・1 アルケンへのHXの付加:ハロゲン化水素化
    • 4・2 アルケン付加反応の配向性:Markovnikov則
    • 4・3 カルボカチオンの構造と安定性
    • 4・4 アルケンへのH2Oの付加:水和
    • 4・5 アルケンへのX2の付加:ハロゲン化
    • 4・6 アルケンへのH2の付加:水素化
    • 4・7 アルケンの酸化:ヒドロキシ化と開裂
    • 4・8 アルケンへのラジカルの付加:ポリマー
    • 4・9 共役ジエン
    • 4・10 アリル型カルボカチオンの安定性:共鳴
    • 4・11 共鳴形の書き方と説明
    • 4・12 アルキンとその反応
  • 5.芳香族化合物
    • 5・1 ベンゼンの構造:Kekuléの説
    • 5・2 ベンゼンの構造:共鳴説
    • 5・3 芳香族化合物の命名法
    • 5・4 芳香族求電子置換反応:臭素化
    • 5・5 その他の芳香族求電子置換反応
    • 5・6 Friedel‐Craftsアルキル化およびアシル化反応
    • 5・7 芳香族求電子置換における置換基効果
    • 5・8 置換基効果の説明
    • 5・9 芳香族化合物の酸化と還元
    • 5・10 非ベンゼン環および多環式化合物の芳香族性
    • 5・11 有機合成
  • 6.立体化学
    • 6・1 立体化学と四面体炭素
    • 6・2 分子の対掌性を見つける
    • 6・3 光学活性
    • 6・4 比旋光度
    • 6・5 Pasteurの鏡像異性体の発見
    • 6・6 立体配置表示のための順位則
    • 6・7 鏡像異性体とジアステレオマー
    • 6・8 メソ化合物
    • 6・9 3個以上の立体中心をもつ化合物
    • 6・10 キラルな環境
    • 6・11 異性現象の要約
    • 6・12 自然界におけるキラリティー
  • 7.ハロゲン化アルキル
    • 7・1 ハロゲン化アルキルの命名法
    • 7・2 ハロゲン化アルキルの製法
    • 7・3 ハロゲン化アルキルの反応;Grignard試薬
    • 7・4 求核置換反応
    • 7・5 SN2反応
    • 7・6 SN1反応
    • 7・7 脱離反応:E2反応
    • 7・8 脱離反応:E1反応
    • 7・9 反応性のまとめ:SNI,SN2,E1,E2
    • 7・10 生体内における置換反応
  • 8.アルコール,フェノール,エーテル
    • 8・1 アルコール,フェノール,エーテルの命名法
    • 8・2 アルコール,フェノール,エーテルの性質:水素結合
    • 8・3 アルコールとフェノールの性質:酸性度
    • 8・4 アルコールの合成
    • 8・5 アルコールの反応
    • 8・6 フェノールの合成と反応
    • 8・7 エーテルの合成と反応
    • 8・8 エポキシド
    • 8・9 チオールとスルフィド
  • 9.アルデヒドとケトン:求核付加反応
    • 9・1 カルボニル基の化学
    • 9・2 アルデヒドとケトンの命名法
    • 9・3 アルデヒドとケトンの合成
    • 9・4 アルデヒドの酸化
    • 9・5 アルデヒドとケトンの求核付加反応
    • 9・6 還元
    • 9・7 水の求核付加:水和
    • 9・8 アルコールの求核付加:アセタールの生成
    • 9・9 ヘミアセタールとアセタールの重要性:自然界と実験室
    • 9・10 イミンを生じるアミンの付加
    • 9・11 Grignard試薬の求核付加:アルコールの生成
    • 9・12 共役付加反応
  • 10.カルボン酸とその誘導体
    • 10・1 カルボン酸とその誘導体の命名法
    • 10・2 カルボン酸とその誘導体の存在と性質
    • 10・3 カルボン酸の酸性度
    • 10・4 カルボン酸の合成
    • 10・5 求核アシル置換反応
    • 10・6 四面体中間体
    • 10・7 反応の概観
    • 10・8 カルボン酸の反応
    • 10・9 酸ハロゲン化物の化学
    • 10・10 酸無水物の化学
    • 10・11 エステルの化学
    • 10・12 アミドの化学
    • 10・13 ニトリルの化学
    • 10・14 カルボニル化合物のポリマー:ポリアミドとポリエステル
    • 10・15 有機合成における酵素
  • 11.カルボニル化合物のα置換反応と縮合反応
    • 11・1 ケトーエノール互変異性
    • 11・2 エノールの反応性:α置換反応の機構
    • 11・3 アルデヒドとケトンのαハロゲン化
    • 11・4 α水索原子の酸性度:エノラートイオンの生成
    • 11・5 エノラートイオンの反応性
    • 11・6 エノラートイオンのアルキル化
    • 11・7 エノラートのアルキル化と近代医学の夜明け
    • 11・8 カルボニル縮合反応
    • 11・9 アルデヒドとケトンの縮合:アルドール反応
    • 11・10 アルドール生成物の脱水:エノンの合成
    • 11・11 エステルの縮合:Claisen縮合反応
    • 11・12 生体内カルボニル反応
  • 12.アミン
    • 12・1 アミンの命名法
    • 12・2 アミンの構造と性質
    • 12・3 アミンの塩基性度
    • 12・4 アミンの合成
    • 12・5 アミンの反応
    • 12・6 複素環アミン
    • 12・7 アルカロイド:天然に存在するアミン
  • 13.構造決定
    • 13・1 電磁波:構造の共通研究手段
    • 13・2 X線結品解析
    • 13・3 質量分析法
    • 13・4 紫外分光法
    • 13・5 UVスペクトルの解釈共役の効果
    • 13・6 有機分子の赤外分光法
    • 13・7 核磁気共鳴分光法
    • 13・8 NMR吸収の性質
    • 13・9 化学シフト
    • 13・10 1HNMRスペクトルの化学シフト
    • 13・11 1HNMRスペクトルの積分:プロトン数
    • 13・12 1HNMRスペクトルのスピン−スピン分裂
    • 13・13 1HNMRスペクトルの利用
    • 13・14 13CNMR分光法
  • 14.生体分子:炭水化物
    • 14・1 炭水化物の分類
    • 14・2 単糖の立体配置:Fischer投影式
    • 14・3 D,L糖
    • 14・4 アルドースの立体配置
    • 14・5 単糖の環状構造:ヘミアセタール生成
    • 14・6 単糖のアノマー:変旋光
    • 14・7 単糖の反応
    • 14・8 二糖
    • 14・9 多糖
    • 14・10 その他の重要な炭水化物
    • 14・11 細胞表面の炭水化物と糖質ワクチン
    • 14・12 植物:石油の代替品
  • 15.生体分子:アミノ酸,ペプチド,タンパク質
    • 15・1 アミノ酸の構造
    • 15・2 等電点
    • 15・3 実験室におけるペプチド合成
    • 15・4 自然界におけるペプチド合成
    • 15・5 ペプチドの共有結合
    • 15・6 ペプチドの構造決定:アミノ酸分析
    • 15・7 ペプチドの配列決定:Edman分解法
    • 15・8 タンパク質の分類
    • 15・9 タンパク質の構造
    • 15・10 酵素
    • 15・11 酵素はどのようにして作用するか?クエン酸シンターゼ
  • 16.生体分子:脂質と核酸
    • 16・1 脂質
    • 16・2 油脂
    • 16・3 せっけん
    • 16・4 リン脂質
    • 16・5 ステロイド
    • 16・6 スタチン系医薬品の化学
    • 16・7 核酸とヌクレオチド
    • 16・8 DNAの構造
    • 16・9 DNAにおける塩基対形成:Watson‐Crickモデル
    • 16・10 核酸と遺伝
    • 16・11 DNAの複製
    • 16・12 RNAの構造と合成:転写
    • 16・13 RNAとタンパク質の生合成:翻訳
    • 16・14 DNAの配列決定
    • 16・15 ポリメラーゼ連鎖反応
    • 16・16 RNA:パラダイムの破壊者
  • 17.代謝経路の有機化学
    • 17・1 ATP:生化学反応の伝達者
    • 17・2 脂肪の異化作用:β酸化経路
    • 17・3 炭水化物の異化作用:解糖
    • 17・4 クエン酸回路
    • 17・5 タンパク質の異化作用:アミノ基転移
    • 17・6 代謝経路の有機化学:まとめ