サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第1章 分子の存在とそのスケール
    • 1.1 発見の歴史
    • 1.2 諸化学の発展
    • 1.3 量子力学の登場
    • 1.4 実在としての分子:直接観測される分子達
    • 1.5 分子を構成する要素
    • 1.6 量子力学的分子像に向かって
  • 第2章 量子論への準備
    • 2.1 古典力学:バネとしての分子
    • 2.2 波動と基本的性質:水面の波であれ物質波であれ
  • 第3章 量子力学の基礎
    • 3.1 作用量子の発見(1900年)
    • 3.2 光量子説(1905年)
    • 3.3 ボーアの水素原子のスペクトルの理論(1913年)
    • 3.4 物質波の提唱(1923年)
    • 3.5 物質波の実験的観測
    • 3.6 シュレディンガー方程式(1926年)
    • 3.7 波動関数の物理的意味
    • 3.8 ◆フーリエ変換と波動関数に運動量表示
    • 3.9 量子力学的期待値(平均値)
    • 3.10 ◆不確定性原理
    • 3.11 定常状態のシュレンディンガー方程式
    • 3.12 簡単な例題に学ぶ量子論の一般的性質
  • 第4章 水素原子
    • 4.1 ボーアの原子模型
    • 4.2 水素原子:シュレディンガー方程式の解
    • 4.3 角運動量,スピン,磁気モーメント
  • 第5章 多電子原子の電子配置
    • 5.1 多電子原子のハミルトニアン
    • 5.2 平均場の考え方と原子軌道
    • 5.3 軌道のエネルギー準位
  • 第6章 分子における原子核と電子の運動,およびその分離
    • 6.1 分子の構成とハミルトニアン
    • 6.2 原子核と電子の運動の時間スケール
    • 6.3 化学結合と原子核の質量
    • 6.4 ボルン・オッペンハイマー近似:固定核の近似あるいは断熱近似
    • 6.5 ポテンシャルエネルギー曲面:原子核に働く位置エネルギー
    • 6.6 分子の回転
  • 第7章 化学結合と分子内電子分布
    • 7.1 結合形成と電子密度の変化:原子核に働く力
    • 7.2 化学結合と電子密度の変化
  • 第8章 量子波動の重ね合わせと化学結合
    • 8.1 水素分子イオンの電子状態:分子軌道
    • 8.2 ◆展開法とヒルベルト空間
    • 8.3 原子軌道で分子軌道を展開する
    • 8.4 結合性軌道と反結合性軌道
    • 8.5 分子における波動の重ね合わせの典型的な組み合わせ
    • 8.6 状態の混合,あるいは,軌道相互作用
    • 8.7 対称性への簡単な導入
  • 第9章 2原子分子の電子状態
    • 9.1 平均場近似と分子軌道
    • 9.2 等核2原子分子の分子軌道
    • 9.3 異核2原子分子
    • 9.4 孤立電子対とその性質
    • 9.5 電気陰性度
  • 第10章 多原子分子の化学結合
    • 10.1 混成軌道と化学結合
    • 10.2 化学結合の局在性
    • 10.3 分子の構造
  • 第11章 ヒュッケル分子軌道法とその応用
    • 11.1 ヒュッケル法が考える分子モデル
    • 11.2 LCAO法
    • 11.3 分子軌道を決定する固有値方程式
    • 11.4 ヒュッケル近似
    • 11.5 分子の諸性質の計算とその考え方
    • 11.6 π電子系へのヒュッケル法の応用
  • 第12章 化学反応論入門
    • 12.1 分子軌道と分子軌道の相互作用
    • 12.2 化学反応を支配する要因
    • 12.3 HOMO−LUMO相互作用(フロンティア軌道理論)と反応性の例

物理化学・理論化学 ランキング

物理化学・理論化学のランキングをご紹介します一覧を見る