サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

目次

  • 第1章 なぜ熱力学を学ぶのか
    • 1.1 熱力学の誕生
    • 1.2 熱力学はなぜ物理化学なのか
  • 第2章 エネルギーと仕事
    • 2.1 運動エネルギー
    • 2.2 位置エネルギー
    • 2.3 内部エネルギー
    • 2.4 気体がする仕事
    • 2.5 仕事の大きさ
    • 2.6 熱力学の第一法則
  • 第3章 可逆過程と不可逆過程
    • 3.1 外圧が一定でない場合の仕事の大きさ
    • 3.2 可逆過程と最大仕事,状態量
    • 3.3 エンタルピー
    • 3.4 熱容量
  • 第4章 熱機関とエントロピー
    • 4.1 カルノーサイクル
    • 4.2 それぞれの過程での仕事と内部エネルギーの変化
    • 4.3 エントロピー
  • 第5章 熱力学の第二法則と自由エネルギー
    • 5.1 熱力学の第二法則
    • 5.2 自由エネルギー
    • 5.3 ジュール・トムソン過程
  • 第6章 相平衡への熱力学の適用−その1−
    • 6.1 気液平衡と相律
    • 6.2 温度−圧力の相図
    • 6.3 体積−圧力の相図
    • 6.4 化学ポテンシャルの本当の定義
  • 第7章 相平衡への熱力学の適用−その2−
    • 7.1 蒸発熱とエンタルピー変化
    • 7.2 クラペイロンの式
    • 7.3 クラウジウス・クラペイロンの式
    • 7.4 蒸気圧と沸点
    • 7.5 液液平衡
    • 7.6 二成分系の気液平衡
    • 7.7 三成分系の相平衡
  • 第8章 化学平衡への熱力学の適用
    • 8.1 反応速度
    • 8.2 化学平衡
    • 8.3 固体を含む系の平衡定数
    • 8.4 平衡定数と自由エネルギー
    • 8.5 平衡移動の原理−ルシャトリエの原理−
  • 第9章 熱化学
    • 9.1 定圧下での反応熱
    • 9.2 反応熱の温度による変化
    • 9.3 定容下での反応熱
    • 9.4 標準生成エンタルピー
    • 9.5 溶解熱
  • 第10章 理想性と非理想性
    • 10.1 非理想性と活量
    • 10.2 非理想気体
    • 10.3 理想溶液と非理想溶液
    • 10.4 浸透圧
  • 第11章 多成分系の熱力学−その1−
    • 11.1 混合量と部分モル量
    • 11.2 混合エントロピー
    • 11.3 開放系に置かれた多成分系の自由エネルギー
  • 第12章 多成分系の熱力学−その2−
    • 12.1 多成分系の相平衡
    • 12.2 化学ポテンシャルと化学平衡
    • 12.3 ラウールの法則とヘンリーの法則
  • 第13章 熱力学と電解質溶液
    • 13.1 電荷と仕事
    • 13.2 熱力学の法則と電気的仕事
    • 13.3 電気化学反応の起電力
  • 第14章 平らな界面の熱力学
    • 14.1 界面形成の仕事と熱力学の法則
    • 14.2 界面張力
    • 14.3 相対吸着量
  • 第15章 曲率のある界面とぬれ
    • 15.1 ヤング・ラプラスの式
    • 15.2 ケルビンの式
    • 15.3 ぬれ
  • 補遺 同次関数についてのオイラーの定理

物理学 ランキング

物理学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む