サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

目次

  • 1 塑性加工理論の変遷と数値解析技術の進歩
    • 1.1 はじめに
    • 1.2 塑性理論の基盤の構築
    • 1.3 塑性理論の応用への動き
    • 1.4 実験的検討と理論の検証
    • 1.5 実加工解析への展開
    • 1.6 エネルギ法の応用−塑性加工解析の実現
    • 1.7 上界法の応用−塑性加工解析の拡張
    • 1.8 剛塑性FEMの応用−塑性加工解析の高度化−
    • 1.9 圧延加工の3次元変形解析
    • 1.10 押し出し・引き抜き加工の3次元変形解析
    • 1.11 鍛造加工の3次元変形解析
    • 1.12 結言
  • 2 板材(鋼板)の圧延製造法
    • 2.1 厚鋼板(厚板)の製造
    • 2.2 熱間圧延薄鋼板の製造
    • 2.3 冷間圧延薄鋼板の製造
    • 2.4 結言
  • 3 棒材・線材・形材の圧延製造法
    • 3.1 棒材・線材・形材の種類
    • 3.2 鋼系棒材・線材・形材の製造
    • 3.3 丸棒鋼の圧延法
    • 3.4 鋼線材の圧延法
    • 3.5 鋼形材の圧延法
  • 4 形材・異形材の押出し製造法
    • 4.1 はじめに
    • 4.2 実生産技術の現状
    • 4.3 アルミ押出し品の種類と用途
    • 4.4 押出し加工の技術動向
    • 4.5 異形材の押出し加工の解析
    • 4.6 まとめ
  • 5 管材の製造法
    • 5.1 鋼管の種類と用途
    • 5.2 継目無し鋼管の製造法
    • 5.3 電縫管の製造法
    • 5.4 アーク溶接管の製造法
    • 5.5 鍛接管の製造法
    • 5.6 鋼管の冷間仕上加工法
    • 5.7 むすび
  • 6 板金加工(板材の成形)
    • 6.1 せん断加工
    • 6.2 型成形
    • 6.3 張出し成形
    • 6.4 伸びフランジ成形
    • 6.5 液圧バルジ成形
    • 6.6 ゴムパッド成形
    • 6.7 曲げ成形
    • 6.8 金型成形用プレス機械
  • 7 鍛造加工
    • 7.1 鍛造方式と被加工材の変形
    • 7.2 鍛造加工の特徴
    • 7.3 鍛造品の生産状況
    • 7.4 熱間鍛造の問題点と注意事項
    • 7.5 冷間鍛造の問題点と注意事項
    • 7.6 冷間鍛造が対応すべき課題
    • 7.7 工程設計・型設計の問題点
    • 7.8 鍛造工具と潤滑
    • 7.9 新鍛造技術
    • 7.10 鍛造用素材の機能向上
    • 7.11 素材の変形予測・変形制御
    • 7.12 素材の生産性向上
    • 7.13 冷間鍛造の戦略目標
  • 8 棒・線材の矯正加工
    • 8.1 はじめに
    • 8.2 基本的問題点
    • 8.3 矯正加工法とひずみ量
    • 8.4 ひずみ経路の解析手法
    • 8.5 回転繰り返し曲げ矯正の問題点
    • 8.6 ロール設計の考え方
    • 8.7 新しい矯正加工機のあり方
    • 8.8 結言
  • 9 板・棒・管材の残留応力
    • 9.1 はじめに
    • 9.2 板材の単純な曲げ・曲げ戻しにより発生する残留応力
    • 9.3 残留応力算出の原則
    • 9.4 板材の残留応力測定法(1)−スリット法の原理と応用−
    • 9.5 板材の残留応力測定法(2)−表層除去法の原理と応用−
    • 9.6 管材の残留応力測定法
    • 9.7 棒材の残留応力測定法
    • 9.8 結言