サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

目次

規範論と刑法解釈論

規範論と刑法解釈論

  • 高橋 則夫(著)
  • 第1章 刑法における行為規範と制裁規範
    • 1 はじめに
    • 2 行為規範と制裁規範の結合−ハートのルール・モデル基底に−
    • 3 行為規範の意義と機能
    • 4 制裁規範の意義と機能
    • 5 行為規範と社会的行為論
    • 6 制裁規範と客観的帰属論
    • 7 おわりに
  • 第2章 刑法・民法における行為規範と制裁規範
    • 1 はじめに
    • 2 刑事責任と民事責任
    • 3 刑事不法と民事不法
    • 4 刑法と民法の接近−損害回復−
    • 5 刑法・民法における行為規範と制裁規範−刑罰・損害賠償の機能論と規範論−
    • 6 おわりに−修復責任の展望−
  • 第3章 犯罪論における同時存在原則とその例外
    • 1 はじめに
    • 2 ベランダ殺人事件
    • 3 実行行為の存在時期
    • 4 故意の存在時期
    • 5 因果関係の錯誤
    • 6 同時存在原則の基点としての行為
    • 7 おわりに
  • 第4章 主観的違法要素と違法論
    • 1 はじめに
    • 2 法益保護と行為規範
    • 3 評価規範と決定規範
    • 4 行為規範と制裁規範
    • 5 主観的違法要素の位置づけ
    • 6 個々の主観的違法要素の検討
    • 7 おわりに
  • 第5章 早すぎた構成要件の実現
    • 1 はじめに
    • 2 クロロホルム殺人事件
    • 3 行為の個数
    • 4 実行行為性の判断
    • 5 故意の構造
    • 6 おわりに
  • 第6章 過失犯の行為規範
    • 1 はじめに
    • 2 故意犯の行為規範と過失犯の行為規範
    • 3 過失犯の行為規範と統一的正犯性
    • 4 過失犯の行為規範と過失の標準
    • 5 おわりに−許された危険の法理−
  • 第7章 過失犯における「行為・実行・帰属」
    • 1 はじめに
    • 2 過失犯における「行為・実行」の問題−信頼の原則と結果回避可能性−
    • 3 過失犯における「帰属」の問題−実行行為性判断と介在事情判断−
    • 4 事前判断と事後判断の対応原則
    • 5 おわりに
  • 第8章 不作為による殺人罪の成否
    • 1 はじめに
    • 2 シャクティ治療殺人事件
    • 3 実行行為の存在時期
    • 4 不作為犯の成否
    • 5 故意の存在時期
    • 6 共同正犯の成否・錯誤
  • 第9章 正犯・共犯類型と共謀共同正犯の規範論的基礎づけ
    • 1 はじめに
    • 2 規範論と共犯論
    • 3 スナック強盗事件
    • 4 間接正犯と教唆犯の区別
    • 5 間接正犯と共同正犯の区別
    • 6 60条の解釈
    • 7 おわりに
  • 第10章 間接正犯の構造
    • 1 はじめに
    • 2 間接正犯の正犯性
    • 3 間接正犯の類型
    • 4 間接正犯の実行の着手時期
    • 5 間接正犯と教唆犯との錯誤
    • 6 間接正犯とその防衛
  • 第11章 共犯の処罰根拠論の新様相
    • 1 はじめに
    • 2 共犯の処罰根拠論の生成−責任・不法共犯論からの脱却−
    • 3 共犯の処罰根拠論の展開−因果共犯論の諸様相−
    • 4 共犯の処罰根拠論の展望−共犯不法の構造−
  • 第12章 共犯論と犯罪体系論
    • 1 犯罪論の試金石としての共犯論
    • 2 共犯の処罰根拠と「違法の連帯性」
    • 3 多数関与者の帰責構造
  • 第13章 共同正犯の帰属原理
    • 1 はじめに
    • 2 適法行為と違法行為との共同正犯
    • 3 過失行為の共同正犯
    • 4 重複的実行行為の共同正犯
    • 5 おわりに
  • 第14章 相互作用規範としての行為規範
    • 1 はじめに
    • 2 現行犯逮捕と法令行為
    • 3 法令行為の違法阻却根拠
    • 4 現行犯逮捕のための実力行使の相当性
    • 5 逮捕意思という主観的正当化要素
    • 6 法令行為と正当防衛・自救行為との関係
    • 7 35条と230条の2の関係
    • 8 防衛行為の必要性と相当性
  • 第15章 事後強盗罪の構造
    • 1 はじめに
    • 2 不真正身分犯説の問題性
    • 3 真正身分犯説の問題点
    • 4 結合犯説(非身分犯説)と承継的共同正犯
    • 5 潜在的実行行為と顕在的実行行為
    • 6 事後強盗罪における「窃盗の機会」
  • 補論 偽証罪における「虚偽の陳述」の意義