サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

  • 序章
  • 第1章 日本語学説史における「音韻」の問題
    • 一 何故「音韻」を問題にするか
    • 二 古代の「音韻」
    • 三 中世の「音韻」
    • 四 『韻鏡』の輸入と韻鏡注釈の自立
    • 五 世俗的学問としての「音韻之学」の成立
    • 六 近世後期の音韻学の展開
    • 七 本居宣長と日本音韻学の完成
  • 第2章 いろは歌から五十音図への交替
    • 一 「歴史的仮名遣い」への疑問
    • 二 契沖『和字正濫鈔』「漢文序」の意図
    • 三 巻一の理論構成
    • 四 自筆稿本『和字正濫鈔』と『和字正濫通妨抄』に見る契沖の意図
    • 五 『和歌童翫抄』の仮名遣い論
    • 六 楫取魚彦『古言梯』の方法論
    • 七 五十音図と古代音声の自覚へ
  • 第3章 日本語音声の自覚へ
    • 一 韻鏡注釈の自立と世俗化
    • 二 仮名遣いの本質規定と日本語音声の自覚
  • 第4章 「喉音三行弁」と近世仮名遣い論の展開
    • 一 いろは歌から五十音図へ
    • 二 三内説から五音へ
    • 三 「喉音三行弁」の観念の成立と展開
    • 四 本居宣長「おを所属弁」の歴史的必然性
  • 第5章 「おを」の行所属と本居宣長『字音仮字用格』
    • 一 喉音三行弁と『字音仮字用格』
    • 二 宣長以前の「おを」の行所属の観念
    • 三 「喉音三行弁」の論構成
    • 四 古代母音「お(o)」の発見と行所属の是正
  • 第6章 「喉音三行弁」論争史
    • 一 学説史における「喉音三行弁」論争の意義
    • 二 契沖の苦悩と栄光
    • 三 文雄による喉音三行弁の規定
    • 四 田中大観『喉音仮名三異弁』の批判
    • 五 文雄『喉音三異弁弁正』の反批判
    • 六 宣長『字音仮字用格』「喉音三行弁」の独創性
    • 七 忘れられた学者礪波今道と『喉音用字考』
    • 八 太田全斎『漢呉音図』の学説史的意義
    • 九 東条義門『於乎軽重義』の「開合」論
    • 十 奥村栄実『古言衣延弁』と喉音三行弁
    • 十一 平田篤胤『古史本辞経』の「喉音三行弁論」
    • 十二 その後の仮名遣い論
  • 第7章 礪波今道『喉音用字考』と『呵刈葭』論争
    • 一 礪波今道とは何者か
    • 二 『韻鏡』図に基づいた「喉音三行弁」の規定
    • 三 上代における舌内撥韻尾と唇内撥韻尾の区別の発見
    • 四 『呵刈葭』論争における上田秋成をどう評価するか
  • 第8章 五十音図の学理の完成
    • 一 『於乎軽重義』再評価の可能性
    • 二 義門以前の喉音三行弁論の経緯
    • 三 『於乎軽重義』上巻の内容
    • 四 『於乎軽重義』下巻の内容
  • 第9章 五十音図上代実在説と神世文字
    • 一 喉音三行弁と日本音声学
    • 二 神世文字説の提案
    • 三 五十音図上代実在説の登場
    • 四 『古史本辞経』の五十音図説
    • 五 平田篤胤の考証方法について
  • 終章 古代人のこゑ(声)を聞く
    • 一 すべてが仮名遣いから始まった
    • 二 音声言語研究と近世の仮名遣い論
    • 三 音声学の誕生と民族主義
    • 四 その後の喉音三行弁と五十音図
  • 資料編 『喉音仮名三異弁』『同弁正』東京大学文学部国語研究室蔵(影印)