サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • プロローグ
  • 第1章 一九八七年、終わりの始まり
    • 「ばなな伝説」の始まり
    • 「サラダ記念日」と三島賞の創設
    • 一九八○年代末、最後のはなやぎ
    • 「純文学」のプリンス
    • 春樹&ばなな、空前の快進撃
    • 読者と文学のあいだ
    • 「純文学」は消滅したのか
    • 「キッチン」の世界性
    • 大江へのノーベル賞が時代を画した
  • 第2章 村上春樹のグローバリゼーション
    • 『ねじまき鳥クロニクル』の文学的成功
    • 小島信夫による村上作品の解読
    • アメリカ人批評家の目撃したもの
    • デビューした頃の村上春樹
    • 私小説的な日本文学の風土との訣別
    • 日本を客観視する視線
    • アメリカ滞在の現実的なメリット
    • 神戸の震災とオウム真理教事件
    • アメリカ小説の翻訳と春樹の日本語
    • 想像を超えた世界各国での反響
  • 第3章 変容する創作のシステム
    • 芥川賞の歴史上最大の“事件”
    • 二十歳の金原ひとみ、綿矢りさの受賞
    • 他ジャンルからの越境者を受け入れる
    • 黒いミニスカート&白いワンピース
    • しだいに過熱していく新人文学賞
    • 応募数の増加と低年齢化
    • 海燕新人文学賞が残した影響力
    • 文学賞の女性選考委員と「文壇」
    • 文学賞は日本独特の不思議な制度
    • サブカルチャー化と対峙した江藤淳
    • 地道に創作を続ける助けとなる賞を
  • 第4章 パソコンから生まれる新感覚
    • 昭和の終わりと平成の始まり
    • 手書き原稿とファックスの登場
    • 九〇年代の三つの文学的事件
    • ワープロ化とジェンダーの消滅
    • 小説という形に縛られない表現
    • 『ノルウェイの森』と電話の役割
    • ワープロ、パソコンと平成口語体
    • キーボード入力と新しい表現
    • 漢字文化と仮名文字思考
    • 村上龍と『共生虫』の緊迫感
    • 物語を破綻させる多重人格化
    • 電脳空問と「顔」の消滅
    • 視覚イメージの文学への取り込み
    • ゲーム的リアリズムの時代
  • エピローグ
  • 若い読者のための参考文献
  • 芥川龍之介賞1987〜2007
  • 野間文芸新人賞1987〜2006
  • 三島由紀夫賞1998〜2007