サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

物質とエネルギーの変換

物質とエネルギーの変換

  • 大野 健(著)
  • 第1章 純物質と物質の変化
    • 1−1 純物質と混合物
    • 1−2 質量保存則
    • 1−3 原子と分子
    • 1−4 原子の構造,原子番号と原子量
    • 1−5 分子式と分子量
    • 1−6 物理量と濃度の表し方
    • 1−7 100余の元素と周期律
  • 第2章 物質には物質固有なエネルギーがある
    • 2−1 物体の運動
    • 2−2 運動エネルギーと位置エネルギー
    • 2−3 物質の内部エネルギー
    • 2−4 内部エネルギーは物質の何処にある
    • 2−5 物質の相と温度
    • 2−6 物質の内部エネルギーを利用する
  • 第3章 気体の化学
    • 3−1 気体分子の結合と反応
    • 3−2 気体分子の運動と温度
    • 3−3 気体の圧力と運動エネルギー
    • 3−4 気体は膨張してエネルギーを減らす
  • 第4章 液体の化学
    • 4−1 液体の構造
    • 4−2 水溶液の化学−水和物の生成
    • 4−3 混合による効果,融点降下,沸点上昇,浸透圧
    • 4−4 気体は液体に溶け込む
    • 4−5 コロイド
  • 第5章 固体と高分子化合物の化学
    • 5−1 固体の構造と昇華熱・格子エネルギー
    • 5−2 非晶質固体とガラス
    • 5−3 高分子化合物(ポリマー)
    • 5−4 液晶
  • 第6章 変化の向きとエントロピー
    • 6−1 一方向へ向かう変化がエントロピーを増やす
    • 6−2 不可逆変化におけるエントロピー変化の求め方
  • 第7章 統計的に見たエントロピー
    • 7−1 粒子の空間分布と分布を作る仕方の数
    • 7−2 等温自由膨張した状態を作る仕方の数とエントロピー
    • 7−3 粒子に熱エネルギーを配分する仕方
  • 第8章 物質変化の向き
    • 8−1 化学変化を化学式で表す
    • 8−2 化学反応による熱とエントロピー変化
    • 8−3 化学変化によって生じる平衡状態
    • 8−4 水と酸・塩基の解離平衡
  • 第9章 生命活動は化学変化に負っている
    • 9−1 初期の地球における物質の変換
    • 9−2 グルコースとATPは分解されてエントロピーを増やす
    • 9−3 グルコースは光合成によって作られた
    • 9−4 光合成は地球環境を変えた
  • 第10章 系のギブズ自由エネルギー
    • 10−1 系のギブズ自由エネルギー変化
    • 10−2 ギブズ自由エネルギーの圧変化と温度変化
    • 10−3 仕事に利用できる物質のエネルギー
    • 10−4 系が2つの相または成分を持つ場合の相転移と化学平衡
  • 第11章 物質の内部エネルギーを利用する
    • 11−1 様々な仕事
    • 11−2 熱エネルギーの全てを仕事へ変換できない
    • 11−3 熱エネルギーを経由しない直接的な仕事への変換
    • 11−4 生物におけるエネルギー変換の特徴
  • 第12章 変化する速度はなぜ遅い
    • 12−1 平衡状態への変化速度
    • 12−2 平衡状態への変化,3つのパターン
    • 12−3 物質移動とその速度
    • 12−4 熱移動とその速度
    • 12−5 単調な化学変化とその速度
    • 12−6 界面反応
    • 12−7 自己触媒反応
    • 12−8 時間的模様や空間的模様を生みながら進む変化
    • 12−9 ベローゾフ・ジャボチンスキー反応
  • 第13章 地球の大気と水
    • 13−1 地球大気の変化
    • 13−2 オゾン層の生成と変化
    • 13−3 大気温度と温室効果ガス
    • 13−4 海・大気圏・陸を循環するH2O
    • 13−5 大気温度と淡水の変化