サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第1章 なぜ立体化学を学ぶのか?
    • 立体化学はこわくない
    • 結合長と結合角
    • ねじれ角
    • HGS分子模型
    • 分子構造を決めるもの−混成軌道
    • 分子構造を決めるもの−VSEPR理論
    • 異性体とは
    • 分子モデリングのソフトウェア
    • 立体異性体とは
    • TEA TIME 往年の大化学者も分子模型を使った!
  • 第2章 エナンチオ異性・シス‐トランス異性を学ぼう
    • エナンチオ異性,エナンチオマーについて
    • 光学という用語が出てきた理由
    • エナンチオ異性とは
    • 旋光度
    • 炭素−炭素二重結合
    • シス形,トランス形
    • TEA TIME 異性体の発見
  • 第3章 立体化学画法と命名法
    • 立体化学式
    • 種々の投影式
    • 木びき台投影
    • くさび投影
    • ジグザグ投影
    • フィッシャー投影
    • ニューマン投影
    • フィッシャー・ロサノフ規約
    • 順位規則とCIP優先順位
    • (R,S)規約
    • (E,Z)規約
    • TEA TIME 野依先生のノーベル化学賞の賞牌
  • 第4章 回転異性体を学ぼう
    • エタンの配座解析
    • ブタンの配座解析
    • ねじれ角規約による命名
    • TEA TIME 立体写真,立体図
  • 第5章 炭素鎖が環を巻くとどうなるか?
    • シクロプロパン,シクロブタン,シクロペンタン
    • シクロヘキサン
    • シクロヘキサンの環反転
    • アキシアル水素,エクアトリアル水素
    • TEA TIME いす形シクロヘキサン
  • 第6章 キラル軸,キラル面とは何か?
    • アミドの束縛回転
    • キラル軸
    • アレン
    • キラル面
    • ヘリシティ
    • TEA TIME 置換基の立体効果
  • 第7章 キラル化合物をもうちょっと深く学ぼう
    • ラセミ体
    • キラル中心が2個の化合物
    • ジアステレオ異性,ジアステレオマー
    • メソ化合物
    • TEA TIME パスツールの業績
  • 第8章 糖類の立体化学
    • ペントースの立体化学
    • ヘキソースの立体化学
    • グルコピラノースとグルコフラノース
    • 二糖類の立体化学
    • 多糖類の立体化学
    • TEA TIME ヨウ素デンプン反応
  • 第9章 アミノ酸とタンパク質の立体化学
    • アミノ酸の立体化学命名法
    • 複数のキラル中心をもつアミノ酸
    • アミノ酸の配座
    • タンパク質の二次構造
    • TEA TIME アミノ酸の味
  • 第10章 置換基と立体化学
    • 鎖式脂肪族化合物の立体化学
    • 置換シクロヘキサン
    • 置換ベンゼン
    • TEA TIME 置換基の立体効果
  • 第11章 置換反応の立体化学
    • 有機化学反応の種類
    • 求核置換反応
    • SN1とSN2
    • ラセミ化と反転
    • 機構の証明
    • 芳香族求電子置換反応
    • TEA TIME インゴルドとヒュース
  • 第12章 付加反応の立体化学
    • 付加反応の機構
    • シス付加の例
    • 付加の配向
    • TEA TIME 化学者ボロディン
  • 第13章 脱離反応の立体化学
    • 脱離反応の機構
    • E1とE2
    • 置換と脱離の競合
    • トランス脱離
    • 脱離の配向
    • TEA TIME トランス脱離機構の証拠
  • 第14章 ペリ環状反応の立体化学
    • ディールス・アルダー反応の機構
    • シス付加
    • エンド付加とエキソ付加
    • ウッドワード・ホフマン則
    • 電子環状反応
    • TEA TIME 福井謙一博士−日本最初のノーベル化学賞受賞者
  • 第15章 キラル化合物を手に入れる
    • 天然物の利用
    • 分割
    • 不斉合成
    • クラム則
    • 絶対不斉合成
    • TEA TIME 光学活性の起源
  • Winmostarの使い方