サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

量子化学 上巻

量子化学 上巻

  • 原田 義也(著)
  • 1 古典論から量子論へ
    • §1・1 量子化学
    • §1・2 古典物理学の破綻
    • §1・3 水素のスペクトルとBohrの理論
    • §1・4 Bohrの理論から現代の量子論へ
  • 2 波動性
    • §2・1 光の波動性
    • §2・2 X線回折
    • §2・3 de Broglie波
    • §2・4 波の式
  • 3 Schrödingerの波動方程式
    • §3・1 時間に依存しないSchrödinger方程式
    • §3・2 時間に依存するSchrödinger方程式
    • §3・3 Schrödinger方程式の解釈
    • §3・4 1次元の箱の中の粒子
    • §3・5 3次元の箱の中の粒子
    • §3・6 調和振動子−古典論と量子論
    • §3・7 調和振動子の解の性質
  • 4 量子力学の基礎
    • §4・1 系の状態
    • §4・2 固有値
    • §4・3 古典物理量の演算子の性質
    • §4・4 系の一般的状態と固有状態
    • §4・5 交換関係
    • §4・6 定常状態と運動の定数
    • §4・7 不確定性原理
  • 5 角運動量
    • §5・1 交換関係
    • §5・2 極座標による表示
    • §5・3 角運動量のz成分の固有状態
    • §5・4 角運動量の2乗の固有状態
    • §5・5 空間量子化
    • §5・6 一般の角運動量
    • §5・7 昇降演算子
    • §5・8 角運動量の合成
  • 6 水素原子
    • §6・1 エネルギー固有値と固有関数
    • §6・2 エネルギー固有関数の形
  • 7 スピン
    • §7・1 角運動量と磁場
    • §7・2 電子スピン
    • §7・3 スピン角運動量
    • §7・4 核スピン−ESRとNMR
  • 8 粒子の同等性
    • §8・1 対称な波動関数と反対称な波動関数
    • §8・2 Slaterの行列式
  • 9 近似法
    • §9・1 縮重がない場合の摂動論
    • §9・2 ヘリウム原子(摂動法)
    • §9・3 縮重がある場合の摂動論
    • §9・4 変分法
    • §9・5 ヘリウム原子(変分法)
    • §9・6 電子の相関
    • §9・7 Ritzの変分法
    • §9・8 時間に依存する摂動論
    • §9・9 光と物質の相互作用
  • 10 一般の原子
    • §10・1 Hartree−FockのSCF法
    • §10・2 Slater軌道
    • §10・3 周期律
    • §10・4 電子配置のエネルギー
    • §10・5 角運動量L,Sによる状態の分類
    • §10・6 スピン軌道相互作用の効果
    • §10・7 電子の配列とLS項−閉殻
    • §10・8 電子の配列とL5項−開殻
  • 11 水素分子
    • §11・1 原子単位
    • §11・2 水素分子イオン
    • §11・3 水素分子−VB法
    • §11・4 VB法の改良
    • §11・5 水素分子−MO法
    • §11・6 MO法の改良
    • §11・7 水素分子の正確な波動関数
  • 12 2原子分子
    • §12・1 LCAO MO
    • §12・2 2原子分子の軌道
    • §12・3 等核2原子分子
    • §12・4 異核2原子分子
    • §12・5 結合の極性
    • §12・6 電気陰性度
  • 13 多原子分子
    • §13・1 VB法とMO法
    • §13・2 多原子分子のMO法−水とアンモニア
    • §13・3 sp3混成
    • §13・4 sp2混成とsp混成
    • §13・5 混成軌道の性質
    • §13・6 d軌道を含む混成
    • §13・7 多原子分子の形
  • 14 π電子系
    • §14・1 π電子系のVB法による取り扱い
    • §14・2 Hückel法
    • §14・3 π電子の共役鎖と共役環
    • §14・4 交互炭化水素と非交互炭化水素
    • §14・5 分子図
    • §14・6 ヘテロ原子を含むπ電子系
    • §14・7 反応性指数
    • §14・8 軌道対称性の保存−Woodward−Hoffman則
    • §14・9 Hückel法の問題点
  • A1(付録Ⅰ)
    • §A1・1 複素数
    • §A1・2 行列式