サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

量刑理論の現代的課題

量刑理論の現代的課題

  • 城下 裕二(著)
  • 第1章 量刑理論の現在
    • 1.問題の所在
    • 2.量刑基準の構造
    • 3.被害感情と量刑基準
    • 4.おわりに
  • 第2章 法定刑の引上げと立法政策
    • 1.問題の所在
    • 2.法定刑およびその引上げの意義
    • 3.法制審議会における説明と審議経過
    • 4.検討
    • 5.おわりに
  • 第3章 罪数論と量刑理論
    • 1.問題の所在
    • 2.観念的競合における「二重評価」
    • 3.併合罪加重の法意
  • 第4章 量刑事情の意義と限界
    • 1.問題の所在
    • 2.責任判断と量刑事情
    • 3.予防判断と量刑事情
    • 4.責任判断・予防判断と関連しない量刑事情?
  • 第5章 量刑事情としての「捜査手続の違法」
    • 1.問題の所在
    • 2.裁判例の紹介
    • 3.手続法的観点からの検討
    • 4.実体法的観点からの検討
    • 5.おわりに
  • 第6章 量刑事情としての「捜査手続の違法」・再論
    • 1.問題の所在
    • 2.「可罰的責任」と捜査手続の違法
    • 3.「規範の安定化」と捜査手続の違法
    • 4.おわりに
  • 第7章 最近の判例における死刑と無期懲役の限界
    • 1.問題の所在
    • 2.死刑選択のための「量刑基準」と「量刑事情」
    • 3.最近の最高裁判例をめぐって
    • 4.おわりに
  • 第8章 少年に対する不定期刑の量刑基準
    • 1.問題の所在
    • 2.少年の刑事事件と量刑基準
    • 3.不定期刑の量刑基準
    • 4.不定期刑と酌量減軽
  • 第9章 文献紹介
    • 1.松岡正章著『量刑法の生成と展開』(成文堂,2000年)
    • 2.原田國男著『量刑判断の実際』(現代法律出版,2003年)
    • 3.Marvin E.Frankel,Sentencing Guidelines:A Need for Creative Collaboration,101 YALE L.J.2043−51(1992);Daniel J.Freed,Federal Sentencing in the Wake of Guidelines:Unacceptable Limits on the Discretion of Sentencers,101 YALE L.J.1681−754(1992)
    • 4.KATE STITH AND JOSÉ A.CABRANES,FEAR OF JUDGING:SENTENCING GUIDELINES IN THE FEDERAL COURTS,The University of Chicago Press,1998,pp.ⅩⅡ+276