サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

目次

  • 序 たくさん憲法について学んでも、肝心なことは教わっていない!
  • 第一章 憲法の楽しみ方教えます!−「緊迫した攻防」のルール
    • 一、憲法とは何か−立憲主義という原理
    • 二、日本国憲法の立憲主義−国民は憲法をまもる義務を負わない!
    • 三、国民と公権力が「マッチ」するためのルール
    • 四、憲法改正最大の論点−国家と国民の関係
  • 第二章 国家が敵になるとき−目の前で痴漢が捕まったら
    • 一、『それでもボクはやってない』を観よう!
    • 二、公権力の危険性はこうして現れる
    • 三、それでも必要な公権力−被害者の立場で
    • 四、「緊迫した攻防」のルール
    • 五、なぜ「緊迫した攻防」ができないか
  • 第三章 憲法の使い方−国民ができること・すべきこと
    • 一、立憲主義は何のために生まれてきたのか
    • 二、立憲主義の第一の砦−立法権を核とした民主主義
    • 三、立憲主義の第二の砦−違憲審査制
  • 第四章 憲法の人間像−僕たちはどうあるべきか
    • 一、震災に学ぶ
    • 二、正義の味方の育て方
    • 三、「ものすごく強い」人間を前提に
  • 終章 九条改正を考えよう!−一八歳、国民投票に向けて
  • あとがき
  • もっと学びたい人への読書案内
  • 日本国憲法 全文