サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

目次

認知言語学のための14章 第3版

認知言語学のための14章 第3版

  • ジョン・R.テイラー(著)/ 辻 幸夫(ほか訳)
  • 1章 色彩のカテゴリー化
    • 1.1 なぜ色彩語なのか
    • 1.2 恣意性
    • 1.3 もう1つのアプローチ:焦点色
    • 1.4 自律的言語学と認知言語学
  • 2章 カテゴリー化に対する古典的アプローチ
    • 2.1 アリストテレス
    • 2.2 言語学における古典的アプローチ:音韻論
    • 2.3 意味論における古典的アプローチ
    • 2.4 古典的理論の問題点
  • 3章 プロトタイプ・カテゴリー:Ⅰ
    • 3.1 ウィトゲンシュタイン
    • 3.2 プロトタイプ:古典的理論への代案
    • 3.3 基本レベル語
    • 3.4 プロトタイプと基本レベル
    • 3.5 プロトタイプの起源
    • 3.6 応用事例
  • 4章 プロトタイプ・カテゴリー:Ⅱ
    • 4.1 プロトタイプの例
    • 4.2 プロトタイプとスキーマ
    • 4.3 民俗カテゴリーと専門家カテゴリー
    • 4.4 ヘッジ表現
  • 5章 言語的知識と百科事典的知識
    • 5.1 辞書と百科事典
    • 5.2 領域とスキーマ
    • 5.3 フレームとスクリプト
    • 5.4 視点投射
    • 5.5 名詞語句理解におけるフレームとスクリプト
    • 5.6 偽物
    • 5.7 本物
  • 6章 多義性と意味連鎖
    • 6.1 単義的カテゴリーと多義的カテゴリー
    • 6.2 climbの事例研究
    • 6.3 over
    • 6.4 残された課題
  • 7章 カテゴリーの拡張:メトニミーとメタファー
    • 7.1 メトニミー
    • 7.2 メタファー
  • 8章 多義性:語は実際いくつの意味を持つか
    • 8.1 多義性と合成性
    • 8.2 二段階アプローチ
    • 8.3 2つの事例研究:inとround
    • 8.4 多義性とネットワーク・モデル
  • 9章 形態論と統語論における多義的カテゴリー
    • 9.1 格
    • 9.2 指小辞
    • 9.3 過去時制
    • 9.4 Yes‐no疑問文
  • 10章 イントネーションの多義的カテゴリー
    • 10.1 イントネーションによって表わされる意味の問題
    • 10.2 下降調と上昇調の意味
    • 10.3 高位基調
  • 11章 文法カテゴリー
    • 11.1 語,接辞,接語
    • 11.2 文法カテゴリー
    • 11.3 文法カテゴリーの意味論的基盤
  • 12章 プロトタイプ・カテゴリーとしての統語構造
    • 12.1 構文の必要性
    • 12.2 構文文法の要素
    • 12.3 代名詞所有構文
    • 12.4 他動詞構文
    • 12.5 他動詞構文:周辺的な成員
    • 12.6 メタファーによる統語構造の拡張
    • 12.7 ドイツ語との比較
    • 12.8 結語
  • 13章 音韻論におけるプロトタイプ・カテゴリー
    • 13.1 音素カテゴリー
    • 13.2 音韻素性の段階性
    • 13.3 音節構造
  • 14章 カテゴリーの獲得
    • 14.1 獲得経路の仮説
    • 14.2 文法カテゴリーと構文
    • 14.3 概念の発達
    • 14.4 語の意味