サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

基礎分子生物学 普及版 2 遺伝子

基礎分子生物学 普及版 2 遺伝子

  • 猪飼 篤(編集)/ 川喜田 正夫(編集/著)/ 星 元紀(編集)
  • 1.分子遺伝学の幕開け−細菌とバクテリオファージの分子遺伝学−
    • 1.1 遺伝子の本体
    • 1.2 バクテリオファージの生活環
    • 1.3 細菌染色体とプラスミド
    • 1.4 E.coli遺伝子の配置の解析
    • 1.5 細菌における遺伝情報発現の制御
  • 2.遺伝子研究の手法
    • 2.1 同位体標識法
    • 2.2 分子サイズおよび密度の解析
    • 2.3 制限酵素と組換えDNA実験の基礎
  • 3.遺伝情報の発現−RNAとタンパク質の生合成−
    • 3.1 DNAからタンパク質へ−遺伝情報の流れのアウトラインと変換の分子装置−
    • 3.2 RNA合成反応
    • 3.3 真核細胞のmRNAとその合成−RNAプロセシング−
    • 3.4 タンパク質の生合成
    • 3.5 真核生物と原核生物のタンパク質合成
  • 4.DNAの複製,修復と変異
    • 4.1 複製過程の基本的特徴
    • 4.2 DNA複製に関係するタンパク質
    • 4.3 DNA複製のしくみ
    • 4.4 真核生物の染色体とその複製
    • 4.5 DNAの損傷と修復,遺伝子の変異
  • 5.真核生物における遺伝子発現の制御
    • 5.1 概観
    • 5.2 真核生物における転写開始のしくみ
    • 5.3 転写開始の効率を制御する要因
    • 5.4 RNAプロセシングと遺伝子発現制御
    • 5.5 mRNAの安定性と遺伝子発現制御
    • 5.6 翻訳レベルにおける遺伝子発現制御
    • 5.7 タンパク質の分解と細胞制御
  • 6.遺伝子の単離と改変−遺伝子工学とその展開−
    • 6.1 組換えDNA実験−遺伝子クローニングと遺伝子操作−
    • 6.2 DNAの分子クローニング
    • 6.3 ゲノム構造解析と遺伝子クローニング
    • 6.4 遺伝子機能の解析と組換えDNA技術
    • 6.5 遺伝子工学の展開と課題