サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍看板・バナー改修(~8/31)

目次

遺伝子から見た応用微生物学

遺伝子から見た応用微生物学

  • 熊谷 英彦(編著)/ 加藤 暢夫(編著)/ 村田 幸作(編著)/ 阪井 康能(編著)
  • 1章 微生物の発見からニューバイオテクノロジーまで
    • 1.1 考古学的時代における微生物利用
    • 1.2 古代からつづく醸造文化
    • 1.3 微生物科学の揺籃期
    • 1.4 近代微生物科学の黎明期
    • 1.5 微生物科学の遺伝学的展開
    • 1.6 微生物工業の多彩な展開
    • 1.7 ニューバイオテクノロジーの登場
    • 1.8 微生物工業の展望
  • 2章 遺伝子から見た微生物細胞と機能発現:二重らせんから物質生産へ
    • 2.1 生命現象を分子レベルで理解するための分子生物学と生化学
    • 2.2 セントラルドグマと遺伝情報発現
    • 2.3 遺伝子の化学的実体DNAと二重らせん構造
    • 2.4 生体高分子の立体構造と機能発現:弱い結合の重要性(分子生物学と生化学の違い)
    • 2.5 ポスト・セントラルドグマ:分子システムから細胞システムを経て物質生産へ
    • 2.6 遺伝子の働きを理解するための方法論:代謝生化学と分子遺伝学
    • 2.7 生物学における二つの新しい潮流と応用微生物学:ケミカルバイオロジーとシステムバイオロジー
    • 2.8 これからの応用微生物学
  • 3章 微生物遺伝学と遺伝子工学
    • 3.1 原核微生物(大腸菌)のゲノムと遺伝学
    • 3.2 真核微生物(酵母)のゲノムと遺伝学
    • 3.3 遺伝子工学の原理
  • 4章 微生物の細胞構造
    • 4.1 原核微生物の細胞構造
    • 4.2 原核微生物の細胞表層機能
    • 4.3 真核微生物の細胞構造
  • 5章 細胞の調節とシグナル伝達
    • 5.1 細胞の調節機構
    • 5.2 細胞のシグナル伝達
  • 6章 微生物の分類
    • 6.1 微生物分類学の概要
    • 6.2 アーキアの多様性と分類
    • 6.3 バクテリアの多様性と分類
  • 7章 微生物の分離と増殖
    • 7.1 微生物の分離
    • 7.2 微生物の増殖
  • 8章 微生物の代謝
    • 8.1 高エネルギー化合物,ATP
    • 8.2 酸化還元を仲介する化合物,NADとNADP
    • 8.3 分解代謝における生合成前駆体の生成
    • 8.4 ATPの生成
    • 8.5 微生物のエネルギー獲得のための種々の代謝経路
    • 8.6 微生物の生合成経路
    • 8.7 二次代謝産物
    • 8.8 アミノ酸の微生物生産
    • 8.9 呈味性リボヌクレオチドの生産
  • 9章 タンパク質と酵素
    • 9.1 タンパク質の構造
    • 9.2 酵素
    • 9.3 微生物酵素とその利用
  • 10章 微生物の多様な栄養形態
    • 10.1 微生物の栄養形態の多様性
    • 10.2 酸素分圧と異化経路
    • 10.3 嫌気呼吸
    • 10.4 光合成
    • 10.5 化学合成独立栄養微生物のエネルギー代謝
    • 10.6 独立栄養微生物のCO2固定
    • 10.7 従属栄養微生物が利用する炭素源とその代謝
  • 11章 微生物の生存環境と役割
    • 11.1 微生物の生存環境
    • 11.2 微生物の生存形態
    • 11.3 バイオフィルム生成とクォーラムセンシング
    • 11.4 微生物と物質循環
    • 11.5 微生物を利用した環境保全技術