サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

  • 第1章 記述統計
    • ◆1章では
    • Q1 尺度の水準
    • Q2 比尺度と間隔尺度
    • Q3 種々の平均値
    • Q4 中央値
    • Q5 中央値と分位数
    • Q6 分位数の求め方
    • Q7 平均は「真」の値か
    • Q8 標準偏差と平均偏差
    • Q9 標本分散と不偏分散
    • Q10 標準偏差と標準誤差
    • Q11 標準得点
    • Q12 度数分布と標本分布
  • 第2章 統計的検定
    • ◆2章では
    • ●2標本の比較
    • Q13 t検定と標本の大きさ
    • Q14 t分布と正規分布
    • Q15 検定の前提条件
    • Q16 検定のロジック
    • Q17 異なる尺度のt検定
    • Q18 p値と実験効果
    • Q19 等分散の仮定
    • Q20 変数変換
    • Q21 ノンパラメトリック検定
    • ●質的データの検定
    • Q22 自由度の意味
    • Q23 χ2分布
    • Q24 イェーツの補正
    • Q25 フィッシャーの直接確率計算法
    • Q26 対応のある比率の比較
    • Q27 検定の多重比較
    • Q28 順序のあるカテゴリ
    • Q29 測定値の独立性
    • ●分散分析
    • Q30 分散分析の原理
    • Q31 交互作用の検定
    • Q32 実験変数の交絡
    • Q33 固定要因と変量要因
    • Q34 多元要因計画
    • Q35 SASのTypeⅠ,Ⅱ,Ⅲ
    • Q36 多重比較の原理
    • Q37 多重比較の方法の選択
    • Q38 大量データの扱い
    • Q39 反復測定デザインとは
    • Q40 反復測定デザインでの注意点
    • Q41 SAS,SPSSでの反復測定デザインへの対応
  • 第3章 相関と回帰
    • ◆3章では
    • Q42 相関係数の評価
    • Q43 相関関係と因果関係
    • Q44 外れ値の影響
    • Q45 順位相関係数
    • Q46 回帰分析の原理
    • Q47 相関化
    • Q48 回帰効果
    • Q49 相対危険とオッズ比
    • Q50 重回帰式の有意性
    • Q51 回帰係数と因果関係
    • Q52 多重共線性
    • Q53 偏回帰係数と単相関
    • Q54 標準偏回帰係数と因果の強さ
    • Q55 偏回帰係数と標準偏回帰係数
    • Q56 偏回帰係数の有意性検定
    • Q57 数量化1類
    • Q58 共分散比
    • Q59 入れ替り率
    • Q60 相関係数間の制約
    • Q61 多変量解析の意義
  • 第4章 因子分析と共分散構造分析
    • ◆4章では
    • ●因子分析
    • Q62 標本の大きさ
    • Q63 被調査者の人数
    • Q64 因子負荷量の大きさ
    • Q65 共分散行列と相関係数行列
    • Q66 順序カテゴリ変数
    • Q67 因子の数
    • Q68 新しいデータの追加
    • Q69 因子パターンと因子構造
    • Q70 反復主因子法と最小2乗法
    • Q71 不適解
    • Q72 共通性の推定値
    • Q73 因子寄与率の定義
    • Q74 3相データの因子分析
    • Q75 出力結果の表示
    • Q76 複数の群の因子分析
    • Q77 因子が同じか
    • Q78 因子得点か尺度値か
    • Q79 回転結果
    • ●共分散構造分析
    • Q80 因子構造の群間差
    • Q81 モデルの作り方
    • Q82 モデルの評価法
    • Q83 パラメータの評価
    • Q84 因果係数と決定係数
    • Q85 同値モデル
    • Q86 統計パッケージ
  • 第5章 さまざまな多変量解析
    • ◆5章では
    • Q87 正準相関分析とは
    • Q88 構造係数とパターン係数
    • Q89 正準相関係数と冗長性係数
    • Q90 因子の重要性と寄与率
    • Q91 数量化3類と対応分析
    • Q92 判別分析の正診率
    • Q93 CANDISCとDISCRIM
    • Q94 多次元尺度構成法
    • Q95 非対称多次元尺度構成法
    • Q96 バイプロット
    • Q97 クラスター分析
    • Q98 クラスター分析の手法
    • Q99 階層的クラスター分析
    • Q100 MANOVAと多変量回帰分析
    • Q101 共分散選択法
  • 第6章 その他の統計的問題
    • ◆6章では
    • Q102 欠損値の処理
    • Q103 入試データと欠損値
    • Q104 質問紙調査の無回答
    • Q105 外れ値の取扱い
    • Q106 多変量解析と外れ値
    • Q107 外れ値とてこ比
    • Q108 メタ分析とは
    • Q109 信頼性係数(α係数)
    • Q110 信頼性係数と級内相関係数
    • Q111 信頼性係数で重みづけた分析
    • Q112 テストの信頼性
    • Q113 ベイズ統計学
    • Q114 ブートストラップ法
    • Q115 一般逆行列
    • Q116 統計パッケージ
    • Q117 統計パッケージ使用の注意点
    • Q118 アルファ係数の標準誤差