サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

目次

  • 第1章 教訓踏まえ,行動計画進める北米
    • 1 はじめに
    • 2 大きかったMinamataの衝撃
    • 3 中南米諸国へも水銀削減対策普及へ
    • 4 北米3カ国が水銀把握基準を統一
  • 第2章 米環境保護庁(EPA)の取り組み
    • 1 胎児への悪影響に危機感
    • 2 日本より早かった妊婦への「警告」
    • 3 水銀排出規制 政権で温度差
    • 4 「水銀」というホームページで情報公開
    • 5 インタビュー 米環境保護庁のリタ・ショーニー博士 日本に情報共有化への貢献期待
  • 第3章 メキシコ水銀削減ワークショップ
    • 1 研修会に中南米14カ国が参加
    • 2 共通の悩みは医療廃棄物の処理
    • 3 実績上げる米12州の連携
    • 4 UNEPが初の国際行動計画採択を報告
    • 5 インタビュー 米NGOのマイケル・ベンダー代表 消極姿勢の日本注目すべきは欧州連合
    • 6 インタビュー 北米環境協力委のリューク・トリップ水銀担当部長 任意と条約の両にらみで対応を
    • 7 メキシコで実感した水俣病の教訓
  • 第4章 米マジソン水銀国際会議報告
    • 1 アジアの大気汚染が“拡大”
    • 2 栄える中国 最大の汚染源に
    • 3 妊婦は大型魚控え小型魚を
    • 4 米国の水銀対応トップランナーはミネソタ州
    • 5 浴野熊本大教授,世界に感覚障害の研究促す
    • 6 大気中の水銀削減が急務 水銀国際会議初の警告
    • 7 水銀スイッチ回収へ 廃車から大気への排出防止 EPA
    • 8 インタビュー 米ハーバード大学大学院・フィリップ・グランジャン特任教授 魚介類の水銀含有情報を消費者に
    • 9 インタビュー 内閣府食品安全委員会座長の佐藤洋・東北大大学院教授 日本の基準でも安全確保
  • 第5章 欧州連合(EU)のリーダーシップ
    • 1 米マジソン会議で国際連携呼びかける
    • 2 UNEPが世界水銀アセスメントを公表
    • 3 EUがRoHS指令を施行,水銀規制を強化
    • 4 微量でも子どもの脳に悪影響−グランジャン博士報告
    • 5 水銀の大気循環でUNEPが主要国に呼び掛け
    • 6 水銀使用計器,販売禁止へ 09年からEU27カ国
    • 7 環境に優しいエネルギー求めて ドイツ報告
    • 8 脱化石燃料 エネルギー源の多様化を
  • 第6章 日本の現状と課題
    • 1 06年版環境白書 見えない水銀への危機感
    • 2 大型家電7製品にのみ含有表示「R」
    • 3 環境事務次官,水銀条約に慎重姿勢
    • 4 環境省がファクトシートに「水銀」初めて盛り込む
    • 5 環境省が有害金属対策専門検討会を設置
    • 6 日本国内の水銀使用・排出量の現状
    • 7 日本の水銀輸出,06年は過去最高
    • 8 水銀規制条約 ノルウェーなど提案 日本も一転「賛成」 第24回UNEP管理理事会
    • 9 条約化,規制の在り方で各国対立 09年に判断
    • 10 水銀の微量汚染 熊本県が啓発へ冊子
    • 11 07年版環境白書は「水銀」を位置づけ
    • 12 釧路湿原のタンチョウと和歌山のイルカ…水銀汚染
  • 第7章 日・中・韓環境連携
    • 1 中国の大気水銀,米国にまで到達
    • 2 貴州省や松花江の汚染深刻 中国の科学者が報告
    • 3 越境大気汚染,光化学スモッグが深刻化
    • 4 日本が指導力を示したいアジアの省エネ
    • 5 黄砂対策 有害物質の分析が急務
    • 6 大陸からの風に「水銀」 環境省,沖縄と島根で観測
    • 7 5,000万人,健康被害も 水銀国際会議が世界に再警告
    • 8 日中環境共同声明
  • 第8章 世界が報じたMinamata
    • 1 全世界に衝撃,発端はユージン・スミスの写真
    • 2 地球環境問題の視点から関心反映の90年代
    • 3 2000年には寿司ブームと微量水銀で水俣に再注目
    • 4 2007年,米国TV局が水俣ドキュメンタリーを制作
    • 5 報道の扱いの大きさに驚き