サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

目次

生命の数理

生命の数理

  • 巌佐 庸(著)
  • 第1章 細胞の増殖とタンパク質のダイナミックス
    • 1.1 細胞の増殖
    • 1.2 組胞内の生命機能
    • 1.3 分子の合成反応や酵素反応を微分方程式で書く
    • 第1章:演習問題
  • 第2章 概日リズム
    • 2.1 周期的振動を作り出すモデル
    • 2.2 モデルの修正の影響
    • 2.3 酵素反応の飽和の効果:反応の場所による違い
    • 2.4 周期の温度補償性
    • 2.5 外界の周期への同調:位相反応曲線
    • 第2章:演習問題
    • 参考文献の追加
    • 第2章:付録A 平衡状態の安定性
    • 第2章:付録B リアプノフ関数
  • 第3章 生物のパターン形成
    • 3.1 熱帯魚の縞模様
    • 3.2 チューリングモデル
    • 3.3 縞の方向性
    • 3.4 縞か水玉か?
    • 3.5 皮膚癌のコロニー形成
    • 3.6 バクテリアのコロニー形成:ミムラモデル
    • 3.7 スパイラルパターンについて
    • 第3章:演習問題
    • 参考文献の追加
    • 第3章:付録拡散方程式
  • 第4章 形態形成のダイナミックモデル
    • 4.1 接着力による細胞の自動的選別
    • 4.2 魚の網膜の錐体モザイク形成
    • 4.3 葉脈形成:カナリゼーションモデル
    • 4.4 細胞の中のオーキシンのやりとりについて
    • 4.5 四肢のできはじめ
    • 4.6 形態の時空間発展
    • 参考文献の追加
  • 第5章 生態学での格子モデル
    • 5.1 亜高山森林の縞枯れ現象
    • 5.2 熱帯季節林のギャップ動態
    • 5.3 平均場近似とペア近似
    • 5.4 病気による宿主植物の絶滅
    • 5.5 化学戦争をするバクテリア
    • 第5章:演習問題
    • 参考文献の追加
    • 第5章付録 ペア近似の計算
  • 第6章 樹木の一斉開花・結実とカオス結合系
    • 6.1 離散時間の力学
    • 6.2 カオスとリアプノブ指数
    • 6.3 ブナの一斉開花・結実現象と結合マップ系
    • 6.4 花粉結合
    • 6.5 結合写像格子
    • 6.6 共通の環境変動が同調をもたらす:モラン効果
    • 第6章:演習問題
    • 参考文献の追加
    • 第6章:付録 離散時間モデルの安定性について
  • 第7章 生活史の戦略
    • 7.1 一年生植物の開花のタイミング
    • 7.2 なぜ生物は最適スケジュールをとると考えるのか?
    • 7.3 多年生がよいか一年生がよいか
    • 7.4 隔年結果とモノカルピー
    • 7.5 不確定な環境のもとでの保険としての貯蔵
    • 7.6 葉の化学防御(アルカロイド)
    • 7.7 免疫系と防御戦略
    • 第7章:演習問題
    • 参考文献の追加
    • 第7章:付録A ポントリャーギンの最大原理について
    • 第7章:付録B 確率的ダイナミックプログラミング:不確定な環境のもとでの保険としての貯蔵器官
  • 第8章 性の進化
    • 8.1 魚の性転換
    • 8.2 性比のゲーム:寄生蜂
    • 8.3 なぜ雄と雌があるのか?
    • 8.4 個体ごとに雄と雌に分かれるのか兼業するのか
    • 8.5 雌雄の違い
    • 8.6 性:なぜ遺伝子を混ぜ合わせるのか
    • 第8章:演習問題
    • 参考文献の追加
    • 第8章:付録 有性生殖の2倍のコストについて
  • 第9章 哺乳類のゲノム刷り込みの進化
    • 9.1 適応進化のダイナミックス
    • 9.2 量的遺伝学について
    • 9.3 血縁個体への利他的行動の進化
    • 9.4 ゲノム刷り込み
    • 9.5 遺伝子発現量の進化
    • 9.6 ゲノム刷り込みの進化をとどめる力
    • 9.7 組織の配分比率に影響する遺伝子のインプリンティング
    • 9.8 X染色体上の遺伝子の刷り込みと子の性による違い
    • 第9章:演習問題
    • 参考文献の追加
    • 第9章:付録 複数の形質の進化について
  • 第10章 発癌プロセス
    • 10.1 癌発症年齢の分布
    • 10.2 癌抑制遺伝子
    • 10.3 進化としての発癌過程
    • 10.4 突然変異の固定確率
    • 10.5 染色体不安定
    • 10.6 発癌のリスクを下げる組織デザイン
    • 10.7 慢性骨髄性白血病(CML)
    • 第10章:演習問題
    • 参考文献の追加
    • 第10章:付録A モランプロセスの固定確率
    • 第10章:付録B 分枝過程における絶滅確率の計算