サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

目次

  • 一九六〇年代欲望史展望
    • 黒の流行と大江健三郎の『セブンティーン』
    • 山口二矢の浅沼稲次郎社会党委員長刺殺事件
    • 「雅樹ちゃん誘拐殺人事件」と「吉展ちゃん誘拐殺人事件」−一九六四年、身代金目当ての略取・誘拐に関する刑法新設さる
    • 過密社会の中の孤独−「中年ロンリーマンの女子高校生略取事件」と学校当局の胡散臭さ
    • ウイルヘルム・ライヒの「性エネルギー経済」論
    • 「不快指数」という科学的なマトリズム
    • 「スカッとしたい」という思い
    • 混血のヒーロー、眠狂四郎の円月殺法
    • 『肉体の門』から『失われた男』へと向う精神の軌跡
    • なぜ、ホンコン・シャツだったのか?
    • 国際化時代の二人−堀江青年とデビィ夫人
    • 犯罪圏の拡大と単純な動機、それに凶悪犯
    • 「ローゼマリー・コンプレックス」の誕生
    • ソウルから見た当時の日本−ナイトクラブ「ラテン・クォーター」と力道山
    • 舟木一夫の「高校三年生」と「三矢研究」の関係、それから「オレについて来い」
    • 流行の「吹き上げ現象」と、学校当局の困難
    • 一九二、三〇年代からの文明的架橋−たとえば、ベティちゃんとマリリン・モンローの関係
    • 政治的英雄の退場−「信念」よりも「皆さんの御意見」リードしないリーダーたちの登場
    • 「幸せのバラ色ムード」の裏側−川崎の新興住宅埋没事件や当り屋や硫酸魔
    • 「時事放談」で乞食芸人とののしられたビートルズ−電気音響環境時代の音楽
    • ベトナムの影−「少年ライフル魔事件」から、「ブラジル総領事令嬢焼殺事件」まで
    • 因循姑息な“常識”への挑戦−「11PM」のスタート。それに「平凡パンチ」と「朝日ジャーナル」
    • アメリカの新左翼は、トルコや韓国の学生運動から霊感的な刺激を受けた。それにヒッピーの台頭
    • キャンパスの若者たちの諸タイプについて。マーチン・トロウやピータースンの分類を参考にして
    • 日本大学のバリケード内の落書、「マルクスなんか知らないよ」左翼活動家は、語られすぎた部分である
    • ソルボンヌ大学の「カタンガ兵団」−短かくて華麗なジミーの生涯。それと五木寛之の『デラシネの旗』について
    • やがて大学紛争の大波が来るという予感。「現代大学生のエネルギー」と題した当時の私のエッセイから
    • 一九六九年、大学を去ったとき、私は何を怒っていたのだろうか。これまた当時のエッセイから
    • 「一体、君たちの理想の先生はどういう人なんだ?」「そりゃ、なんたって東大の林さんみたいな人ですよ」
    • 高校生座談会「紛争はぼくらの“お祭り”だ」−バリケードって、フランス語で女性名詞ですから、ほんとに魅力あるわけですよ
    • 「ベ平連」の活躍。ベトナム反戦脱走兵、テリー・ホイットモアの場合
    • 二番目のF−「祭」の季節としての六〇年代。「三億円事件」という白バイ男の最大のサーカス
    • 「否定的アイデンティティ」から、「対抗的アイデンティティ」への跳躍が目立つようになる
    • 「連続射殺魔一〇八号事件」の永山則夫。虚無性の強い「理由なき」攻撃
    • 人質をとって寸又峡「ふじみや旅館」に籠城し、民族問題を訴えた殺人犯、金嬉老
    • 古典的な犯罪観の消滅−心の内側に秘められた抑圧感や鬱屈した想いが、新しい犯罪の要因になってきた
    • マクルーハン理論。活字メディアは、「人間を整然と配置する社会」をつくったが、電気メディアが、その秩序を崩しはじめた
    • サイケ、フーテン、ハレンチ、ハレハレ。その名も「フーテン・マコ」の裏街道一人旅
    • 「地獄の不良少年」とは別の「天国の不良少年」が目立ちはじめる。五木寛之の『さらばモスクワ愚連隊』やJ・ファイファーの『ペトロフカの少女』について
    • 文化目標も制度的規範もはっきりしない集団における「いじめる」=「いじめられる」関係のとめどもなさ
    • 競争原理による凄じい兄弟喧嘩殺人。やがて七〇年代の「家庭内暴力」の時代
  • 年度別主な非行・犯罪
    • 昭和35年(一九六〇)
    • ●主な非行・犯罪/出来事・風俗
    • 昭和36年(一九六一)
    • ●主な非行・犯罪/出来事・風俗
    • 昭和37年(一九六二)
    • ●主な非行・犯罪/出来事・風俗
    • 昭和38年(一九六三)
    • ●主な非行・犯罪/出来事・風俗
    • 昭和39年(一九六四)
    • ●主な非行・犯罪/出来事・風俗
    • 昭和如年(一九六五)
    • ●主な非行・犯罪/出来事・風俗
    • 昭和41年(一九六六)
    • ●主な非行・犯罪/出来事・風俗
    • 昭和42年(一九六七)
    • ●主な非行・犯罪/出来事・風俗
    • 昭和43年(一九六八)
    • ●主な非行・犯罪/出来事・風俗
    • 昭和44年(一九六九)
    • ●主な非行・犯罪/出来事・風俗