サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

目次

  • 第一編 『とはずがたり』の成立−問題の所在−
    • 第一章 「問ふにつらさ」から「問はず語り」へ−問題提起−
    • 第二章 『とはずがたり』の執筆時期について−附、現行年立に見られる問題点−
  • 第二編 『とはずがたり』の人物造型
    • 第一章 『とはずがたり』の二条像
    • 第二章 雪の曙
    • 第三章 有明の月
  • 第三編 『とはずがたり』の主要モチーフ
    • 第一章 作者二条の自恃と矜持−「祖父久我太政大臣が子」をめぐって−
    • 第二章 中院(久我)雅忠・二条父娘の拘り−素服を賜る人々−
    • 第三章 父雅忠の死と後深草院二条の信仰
  • 第四編 『とはずがたり』の表現手法
    • 第一章 起筆部に見られる「語り」の姿勢
    • 第二章 『とはずがたり』の語りの独自性−〈歴史的現在法〉との相違をめぐって−
  • 第五編 『とはずがたり』の自照性
    • 第一章 作者の自己描出と本作の自照性−葛藤と詠歎−
    • 第二章 「なほも心のありけるにや」考−その自照表現のもたらされた背景を探る−
    • 終章 『とはずがたり』の主題と構想