サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

目次

日本植民地建築論

日本植民地建築論

  • 西澤 泰彦(著)
  • 序章 植民地建築とは何か
    • 一 本書の意義と目的
    • 二 支配形態と「海を渡った建築家」
    • 三 既往の研究と本書の構成
  • 第1章 植民地の政治と建築
    • 一 支配機関の設立と支配における官民
    • 二 支配機関と建築組織の形成
    • 三 支配の拠点としての官衙建築
  • 第2章 植民地の経済と建築
    • 一 植民地銀行と建築
    • 二 国策会社と建築
    • 三 建築投資と支配
  • 第3章 植民地の社会と建築
    • 一 植民地の生活インフラと建築(1)−学校・病院・公会堂・倶楽部
    • 二 植民地の生活インフラと建築(2)−図書館・博物館・美術館・駅
    • 三 植民地での消費・娯楽と建築
  • 第4章 建築活動を支えたもの
    • 一 建築技術の適応と発展
    • 二 技術者・労働力の確保と監理
    • 三 材料の確保
    • 四 建築規則
  • 第5章 世界と日本のはざまの建築
    • 一 植民地における建築家の移動
    • 二 建築情報の移動
    • 三 日本および東アジア地域の建築との共通性・相違性
    • 四 世界建築としての位置付け
  • 終章 日本植民地建築の過去・現在・未来
    • 一 王道と覇道
    • 二 遺物と遺産