サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

目次

  • 序章 シュルレアリストとしてのパウル・クレー
    • 一 『二十世紀造形美術家事典』(一九五六年)
    • 二 ヴェルナー・ハフトマン、『二十世紀の絵画』(一九五四年)
    • 三 ダニエル=ヘンリー・カーンヴァイラー、『クレー』(一九五〇年)
  • 第一章 パウル・クレーとダダ
    • 一 トリスタン・ツァラとクレー
    • 二 マックス・エルンストからの三通の書簡
  • 第二章 パウル・クレーとシュルレアリスム前史
    • 一 テオドール・ドイプラーとヴァルデマール・ヨロス
    • 二 レオポルト・ツァーン、『パウル・クレー、生涯、作品と精神』(一九二〇年)
    • 三 ヴィルヘルム・ハウゼンシュタイン、『カイルアン、あるいは画家クレーのものがたり』(一九二一年)
    • 四 ヘルマン・フォン・ヴェダーコプ、『パウル・クレー』(一九二一年)
    • 五 ヴイル・グローマン、「パウル・クレー 一九二三/一九二四」(一九二四年)
  • 第三章 パウル・クレーとパリ
    • 一 『シュルレアリスム革命』誌第三号(一九二五年)
    • 二 パリ、ヴァヴァン=ラスパイユ画廊の第一回「パウル・クレー」展(一九二五年)
    • 三 パリ、ピエール画廊の「シュルレアリスム絵画」展(一九二五年)
  • 第四章 「パウル・クレー=シュルレアリスト」像の完成
    • 一 カール・アインシュタインとクレー
    • 二 アルフレート・フレヒトハイムとクレー
    • 三 ゼルヴォス、グローマン、クルヴェル、そしてヒルデブラント
  • 第五章 シュルレアリスムの彼方へ
    • 一 クレーとシュルレアリスム
    • 二 クレーと音楽
    • 三 『そこの上/そこの下』
    • 四 クレーとマックス・エルンスト
  • 補遺
    • 一 「抽象画家」としてラファエロ−二〇年代リアリズムにおける具象的形象を巡る批評環境
    • 二 原初的形象へ!−画家パウル・クレーの造形思考における具象的形象の意味
    • 三 音楽評論家としてのパウル・クレー
    • 四 画家パウル・クレーと同時代の音楽
    • 五 たくらみとしての絵画−受容美学的観点から見たクレー作品における具象的形象の機能