サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

目次

自然主義のレトリック

自然主義のレトリック

  • 永井 聖剛(著)
  • 序章−自然主義のレトリック−
  • 第一章 歴史認識としての自然主義−文学史の田山花袋/田山花袋の文学史−
  • 第二章 三人称への跳躍−江見水蔭「十人斬」と田山花袋『重右衛門の最後』−
  • 第三章 経験と伝聞−『重右衛門の最後』と『遠野物語』における〈事実〉の語り方−
  • 第四章 〈美文〉と〈小説〉−田山花袋の〈小説〉認識について−
  • 第五章 「無技巧」の修辞学的考察−田山花袋の文体練習と修辞学の動向をめぐって−
  • 第六章 写実から描写へ−明治三十年代の写実表現と田山花袋−
  • 第七章 〈虚子の写生から小説へ〉の意味−「文章世界」の「写生と写生文」特集から−
  • 第八章 〈書くこと〉と〈忘れること〉−「蒲団」、文学者の煩悶のゆくえ−
  • 第九章 三人称を生きる読者−『田舎教師』、ある同時代読者の読みをめぐって−
  • 終章