サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

  • 第一章 外国為替市場の素描
    • Ⅰ 円ドル相場の動向
    • Ⅱ 国際収支と外国為替市場
    • Ⅲ 金本位制と固定相場制の関係
  • 第二章 戦後の国際通貨体制の礎となるはずのブレトンウッズ協議の内実
    • Ⅰ 一九三〇年代のブロック経済における米国の役割
    • Ⅱ 戦後通貨体制の構想におけるケインズの思考変遷
    • Ⅲ 英米間の経済戦争が繰り広げられた第二次世界大戦
    • Ⅳ 一八〇度大転換したケインズの戦後通貨構想
    • Ⅴ 限界が露呈されたIMF協定
  • 第三章 ドル本位制で動く戦後国際通貨体制
    • Ⅰ IMFユニバーサリズムに対するキーカレンシー・アプローチ(KCA)方式の優位性
    • Ⅱ 戦後、国際流動性を供給したキーカレンシー・システムとしてのドル本位制
  • 第四章 短命に終わる運命にあった戦後固定相場制度
    • Ⅰ ブレトンウッズ構想では想定外の事態の急進展
    • Ⅱ 資本移動膨張に対処できなかったIMF
    • Ⅲ IMFの換骨奪胎
  • 第五章 一九六〇年代の「ドル危機」の真相
    • Ⅰ 「ドル危機」の発現となる金投機
    • Ⅱ フレンチ風に仕上げられたドル危機説
    • Ⅲ ユーロダラー市場成立
    • Ⅳ ドルと金の関係
    • Ⅴ 超国家通貨は基軸通貨になれない
  • 第六章 国際通貨制度の大転換
    • Ⅰ 通貨投機、金投機はドル逃避でなくドル利殖行為の格好の機会
    • Ⅱ 戦後最大のドル危機とされた一九七一年のニクソン・ショックの意味
    • Ⅲ 変動相場制移行後も拡大し続けた世界経済
  • 第七章 堅牢強固なドル本位制
    • Ⅰ 一国通貨が基軸通貨として世界に通用する根拠
    • Ⅱ ドルは銀行原理によって発行
    • Ⅲ 基軸通貨の国際的信認を左右する財政事情
    • Ⅳ 米国の経常収支赤字のサステナビリティ(持続可能性)
    • Ⅴ 拡大する国際不均衡の中で安定を保つドル
    • Ⅵ 世界的に膨大なドル需要
    • Ⅶ 国際取引でユーロはドルに対抗できない
    • Ⅷ 外国でも膨らむ米国の経済的富
  • 第八章 二〇〇七年夏のサブプライムローン国際金融危機
    • Ⅰ 返済不能リスクの高い住宅ローンが盛んになった背景
    • Ⅱ 国際金融パニックの勃発
    • Ⅲ 諸刃の剣である金融デリバティブ取引
    • Ⅳ 信用リスクから逃れられない銀行の宿命
    • Ⅴ サブプライムローン国際金融恐慌において存在感を示したジャパンマネー
  • 第九章 情報通信革命を挺子にした金融グローバル化
    • Ⅰ 瞬時に大量移動する国際金融情報
    • Ⅱ 世界の経常収支不均衡をスムーズに調整する国際資本移動
    • Ⅲ グローバル化に最も適する性格を有する米国
    • Ⅳ 資本の飽くなき欲望をかき立てる情報通信革命
    • Ⅴ 中国に押し寄せるグローバル化の津波
  • 最終章 金融のグローバル化の帰結と展望