サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

目次

はじめて学ぶ建築構造力学

はじめて学ぶ建築構造力学

  • 大田 和彦(共著)/ 藤井 大地(共著)
  • 第1章 構造力学入門
    • 1.1 構造力学はなぜ必要なのか
    • 1.2 壊れない建物を設計するためには
    • 1.3 力の釣り合い
    • 演習問題1
  • 第2章 建築構造物のモデル化と反力の計算
    • 2.1 建築構造物のモデル化
    • 2.2 静定構造物の反力計算
    • 演習問題2
  • 第3章 静定構造物の応力計算
    • 3.1 応力の種類と向き
    • 3.2 静定ばりの応力計算
    • 3.3 静定ラーメンの応力計算
    • 3.4 静定トラスの応力計算
    • 演習問題3
  • 第4章 応力と変形
    • 4.1 軸方向応力と変形
    • 4.2 せん断応力と変形
    • 4.3 曲げ応力と変形
    • 演習問題4
  • 第5章 断面の諸係数
    • 5.1 断面1次モーメントと図心
    • 5.2 断面2次モーメントと曲げ応力度
    • 5.3 断面相乗モーメントと主軸
    • 演習問題5
  • 第6章 許容応力度設計の基礎
    • 6.1 許容応力度設計法と耐震設計
    • 6.2 曲げに対する設計
    • 6.3 せん断に対する設計
    • 6.4 圧縮材に対する設計
    • 演習問題6
  • 第7章 静定骨組の変位
    • 7.1 弾性曲線式を用いてはりの変位を求める方法
    • 7.2 モールの定理を用いてはりの変位を求める方法
    • 7.3 仮想仕事法を用いてラーメンやトラスの変位を求める方法
    • 演習問題7
  • 第8章 不静定骨組の応力
    • 8.1 仮想仕事法を用いて不静定骨組の応力を求める方法
    • 8.2 仮想仕事法を用いて合成骨組の応力を求める方法
    • 演習問題8
  • 第9章 ラーメン構造の実用的解法(その1)
    • 9.1 たわみ角法
    • 9.2 マトリクス法
    • 演習問題9
  • 第10章 ラーメン構造の実用的解法(その2)
    • 10.1 固定法
    • 10.2 D値法
    • 10.3 骨組の崩壊荷重の計算
    • 演習問題10