サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

糖鎖科学への招待

糖鎖科学への招待

  • 辻 崇一(共著)/ 梶本 哲也(共著)
  • 1 糖鎖を理解するために
    • 1−1 立体化学の基礎
    • 1−2 細胞生物学の基礎
  • 2 糖鎖の一次構造と高次構造
    • 2−1 糖鎖を構成する単糖と糖鎖の一次構造
    • 2−2 糖鎖の二次構造
    • 2−3 糖鎖の三次構造・四次構造
    • 2−4 共有結合の形成と解裂により生成する動的高次構造
    • まとめ
  • 3 糖鎖の構造解析−PA化法,核磁気共鴫(NMR)スペクトルおよび質量分析(MS)の利用を中心に−
    • 3−1 糖鎖の構造解析についての概要
    • 3−2 PA化法を利用した糖鎖の一次構造の解析
    • 3−3 核磁気共鳴スペクトルによる構造解析
    • 3−4 質量分析:MSスペクトル
    • まとめ
  • 4 糖鎖の生合成
    • 4−1 細胞内での糖鎖合成−一般則
    • 4−2 糖転移酵素の特徴
    • 4−3 糖ヌクレオチドとトランスポーター(輸送体)
    • 4−4 一般則に従って合成される糖鎖
    • 4−5 一般則の当てはまらない糖鎖合成
  • 5 糖鎖の機能−糖鎖の認識から生物学的機能発現までの分子機構を中心に−
    • 5−1 レクチン
    • 5−2 糖が関与する分子間相互作用(疎水結合,水素結合,キレート結合,およびイオン結合)
    • 5−3 レクチンによる単糖・糖鎖の結合・認識の分子機構
    • 5−4 糖鎖が結合しているタンパク質の構造に与える影響
    • 5−5 糖鎖のタンパク質間相互作用に及ぼす影響
    • まとめ
  • 6 分子レベルでの糖鎖構築法−化学的手法,酵素学的手法と分子生物学的手法について−
    • 6−1 還元末端からの化学的合成
    • 6−2 酵素を利用したグリコシル化
    • 6−3 非還元末端からの化学的合成
    • 6−4 分子生物学的手法による糖鎖構築−糖鎖遺伝子あるいはcDNAの糖鎖構築への利用−
    • まとめ
  • 7 糖鎖構築法の応用と将来
    • 7−1 糖鎖の固相合成
    • 7−2 細胞・組織・個体レベルでの糖鎖構築方とその応用−細胞レベルあるいは個体レベルでの糖鎖発現の改変
    • 7−3 糖鎖機能の分子変換
    • 7−4 糖鎖科学の今後−まとめとして−