サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

ビジュアル論理回路入門

ビジュアル論理回路入門

  • 井澤 裕司(著)
  • 第1章 イントロダクション
    • 1.1 論理回路を学ぶ目的は?
    • 1.2 論理回路の位置付け
    • 1.3 本書の構成について
  • 第2章 数の表現
    • 2.1 10進数と2進数
    • 2.2 数系の変換
    • 2.3 10進−2進変換
    • 2.4 2進−10進変換
    • 2.5 2進−8進変換
    • 2.6 2進−16進変換
    • 2.7 小数の表現
    • 2.8 演習問題
  • 第3章 2進数の演算
    • 3.1 2進数の加減乗除
    • 3.2 補数について
    • 3.3 補数による負の数の表し方
    • 3.4 補数を用いる減算
    • 3.5 オーバーフロー(桁あふれ)
    • 3.6 演習問題
  • 第4章 論理関数
    • 4.1 論理関数とは
    • 4.2 真理値表
    • 4.3 基本的な論理関数
    • 4.4 演習問題
  • 第5章 ブール代数
    • 5.1 論理式の変形
    • 5.2 ブール代数
    • 5.3 完全系について
    • 5.4 論理ゲートの等価変換
    • 5.5 演習問題
  • 第6章 論理式の簡略化手法
    • 6.1 簡略化の準備(最小項と最大項)
    • 6.2 簡略化手法(1)−Karnaugh図(カルノー図)
    • 6.3 簡略化手法(2)Quine法(クワイン法)
    • 6.4 簡略化手法(3)Quine‐McCluskey法(クワイン・マクラスキー法)
    • 6.5 演習問題
  • 第7章 組合せ回路
    • 7.1 論理回路の分類
    • 7.2 エンコーダとデコーダ
    • 7.3 文字表示回路
    • 7.4 セレクタとデマルチプレクサ
    • 7.5 半加算器と全加算器
    • 7.6 2進加算器
    • 7.7 演習問題
  • 第8章 フリップフロップ
    • 8.1 順序回路の構成法
    • 8.2 フリップフロップ
    • 8.3 演習問題
  • 第9章 非同期式カウンタ
    • 9.1 非同期式カウンタの構成法
    • 9.2 非同期式バイナリカウンタ
    • 9.3 非同期クリアによるn進カウンタの構成法
    • 9.4 演習問題
  • 第10章 同期式カウンタ
    • 10.1 同期式カウンタの特徴
    • 10.2 同期式バイナリカウンタの構成法
    • 10.3 同期式n進カウンタの構成法
    • 10.4 演習問題
  • 第11章 シフトレジスタ
    • 11.1 シフトレジスタの構成
    • 11.2 リングカウンタ
    • 11.3 パラレルロード機能付きシフトレジスタ
    • 11.4 線形フィードバックシフトレジスタ(LFSR)
    • 11.5 演習問題
  • 第12章 簡単な電卓の設計
    • 12.1 全体設計
    • 12.2 エンコーダ回路
    • 12.3 加算回路
    • 12.4 マルチプレクサ回路
    • 12.5 7セグメントLED表示用デコーダ回路
    • 12.6 エラー表示用デコーダ回路
    • 12.7 制御回路
    • 12.8 演習問題
  • 第13章 論理デバイス
    • 13.1 ダイオード
    • 13.2 バイポーラトランジスタとTTL
    • 13.3 電界効果トランジスタ(MOS FET)
    • 13.4 プログラマブルロジックデバイス
    • 13.5 次のステップに向けて
    • 13.6 演習問題

電子工学・半導体 ランキング

電子工学・半導体のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む