サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/8/1~8/31)

目次

博物館経営・情報論 新訂

博物館経営・情報論 新訂 (放送大学教材)

  • 佐々木 亨(著)/ 亀井 修(著)/ 竹内 有理(著)
  • 1 ミュージアムになぜ経営が必要か
    • 1.博物館と経営
    • 2.博物館における使命・資源・ステークホルダー
    • 3.「博物館経営・情報論」の全体構成について
  • 2 博物館の人材・組織・財政・各種団体
    • 1.博物館と博物館法
    • 2.博物館の人材と組織
    • 3.博物館の施設・設備と財政
    • 4.博物館の全国組織・学会
  • 3 博物館経営の手法1:マーケティングと利用者調査
    • 1.ミュージアム・マーケティング
    • 2.博物館における利用者調査の方法
    • 3.利用者からのデータが持つ可能性
  • 4 博物館経営の手法2:事業評価の手法とシステム
    • 1.博物館に評価が導入された背景
    • 2.博物館評価のさまざまなタイプ
    • 3.評価における自己点検の重要性
    • 4.静岡県立美術館の事例
    • 5.評価システム導入時における必要な環境
  • 5 公立博物館の経営形態:指定管理者制度
    • 1.地方自治法第244条の改正
    • 2.指定管理者制度の現状
    • 3.指定管理者制度の課題
  • 6 博物館とそれを取り巻く人々・社会
    • 1.博物館における広報活動
    • 2.CSRとステークホルダー
    • 3.博物館と地域の関係
  • 7 博物館教育の歴史と今後の方向性
    • 1.いまなぜ博物館教育なのか
    • 2.日本における博物館教育の発達の経緯
    • 3.博物館教育のこれから
  • 8 博物館教育の理論
    • 1.前提としての「大きな物語」の終焉
    • 2.博物館に影響を与えた教育理論
    • 3.教育理論の博物館への応用
  • 9 博物館教育の実践1:展示へのアプローチ
    • 1.情報の伝達メディアとしての展示の特殊性
    • 2.展示への理解を助けるために
    • 3.展示評価と学習評価
  • 10 博物館教育の実践2:地域連携とボランティア
    • 1.学校との連携
    • 2.地域との連携
    • 3.ボランティア
  • 11 博物館における情報
    • 1.博物館の機能
    • 2.博物館で扱う情報
    • 3.情報の展示
  • 12 博物館活動の情報化
    • 1.博物館の機能
    • 2.博物館の情報化
  • 13 情報技術と博物館
    • 1.博物館のICT化の流れ
    • 2.コミュニケーションを支えるICT
  • 14 博物館経営と情報論
    • 1.博物館の戦略のための情報
    • 2.メディアとしての博物館
    • 3.社会を支えるシステム
  • 15 博物館にとって本当に必要なものは何か
    • 1.博物館経営とコミュニケーションについて
    • 2.博物館教育の視点から
    • 3.情報と博物館経営について