サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

目次

  • 1 仕事
    • 1−1 熱はエネルギーである
    • 1−2 熱力学第一法則
    • 1−3 気体の膨張仕事
    • 1−4 可逆変化と最大仕事
    • 1−5 典型的な変化
    • 1−6 熱力学サイクル
  • 2 熱容量
    • 2−1 エンタルピー
    • 2−2 定圧熱容量と定容熱容量
    • 2−3 定圧熱容量と定容熱容量の関係
    • 2−4 理想気体のCpとCvの関係
    • 2−5 第4の典型変化−自由膨張
    • 2−6 熱力学サイクルにおける熱と内部エネルギー
    • 2−7 第5の典型変化−理想気体の断熱可逆変化
    • 2−8 変化の比較
  • 3 エントロピー
    • 3−1 新しい状態量
    • 3−2 熱力学第二法則
    • 3−3 いろいろな場合のエントロピー変化
    • 3−4 エネルギーの質としてのエントロピー
  • 4 ギブス関数
    • 4−1 ギブス関数の導入
    • 4−2 Gによる判断の限界
    • 4−3 「自由エネルギー,自由エンタルピー」と呼ばれる理由
  • 5 標準生成エンタルピー
    • 5−1 元素の標準生成エンタルピー
    • 5−2 化合物の標準生成エンタルピー
    • 5−3 標準生成エンタルピー表の利用
    • 5−4 反応熱の温度変化
  • 6 標準エントロピーと標準生成自由エネルギー
    • 6−1 熱力学第三法則
    • 6−2 標準エントロピー
    • 6−3 エントロピー変化の温度変化
    • 6−4 標準生成自由エネルギー表
  • 7 Gの温度変化と圧変化
    • 7−1 Gの温度変化と圧変化の基本式
    • 7−2 Gの圧変化
    • 7−3 ΔGの圧変化
    • 7−4 Gの温度変化
    • 7−5 ΔGの温度変化
    • 7−6 ギブス−ヘルムホルツの式
    • 7−7 クラペイロンの式
  • 8 化学平衡
    • 8−1 ファントホッフの定温式
    • 8−2 ΔG°とΔG
    • 8−3 アーレニウスの式
    • 8−4 Kpの温度依存性
    • 8−5 Kpの温度変化の定量的な利用
    • 8−6 平衡の圧依存性
    • 8−7 反応率
  • 9 溶液の熱力学
    • 9−1 部分モル量
    • 9−2 化学ポテンシャル
    • 9−3 溶液の化学ポテンシャルを表す式
    • 9−4 ラウールの法則
    • 9−5 理想溶液
  • 10 相平衡
    • 10−1 凝固点と融点
    • 10−2 凝固点降下,沸点上昇の定性的な理解
    • 10−3 凝固点降下と沸点上昇における仮定について
    • 10−4 凝固点降下の定量的な扱い
    • 10−5 凝固点と溶解度
  • 11 状態図
    • 11−1 液体どうしは相互に溶解するが,固体どうしは全く溶解しない系の等圧状態図
    • 11−2 ギブスの相律
    • 11−3 液体では相溶しない系の等圧状態図
    • 11−4 液体では相溶しない系の等温状態図
    • 11−5 液体でも気体でも相溶する系の等温状態図
    • 11−6 液体でも気体でも相溶する系の等圧状態図
  • 12 浸透圧
    • 12−1 浸透圧の原理
    • 12−2 逆浸透