サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で5%OFFクーポン(0915-21)

目次

法科大学院刑法テキスト 補訂版 総論

法科大学院刑法テキスト 補訂版 総論

  • 明治大学法科大学院刑法研究室(編)
  • 第1講 刑法の課題・機能と法治国家的原理
    • 1 刑法の意義と課題・機能
    • 2 刑法の基礎理論と刑法の解釈
    • 3 法治国家的原理
  • 第2講 罪刑法定主義
    • 1 罪刑法定主義の意義・沿革
    • 2 罪刑法定主義の派生原則
  • 第3講 刑法の効力
    • 1 時に関する効力(時間的適用範囲)
    • 2 土地に関する効力(場所的適用範囲)
    • 3 人に関する効力(人的適用範囲)
  • 第4講 犯罪の成立要件論
    • 1 刑法における犯罪の意義
    • 2 犯罪論構成の意義と種類
    • 3 構成要件該当性、違法性、責任性の主義と相互関係
  • 第5講 刑罰論・刑事制裁論
    • 1 刑罰の意義と種類
    • 2 刑罰の目的
    • 3 刑罰の限界ないし内的矛盾
    • 4 犯罪論との連携
    • 5 保安処分制度の導入について
  • 第6講 構成要件論
    • 1 行為概念の機能
    • 2 構成要件の理論
  • 第7講 不作為犯論
    • 1 不作為犯の意義と問題点
    • 2 不作為の因果関係
    • 3 作為義務と作為可能性
    • 4 不作為の実行行為性
    • 5 不作為と共犯
    • 6 個別的事例の検討
  • 第8講 因果関係論
    • 1 因果関係の意義
    • 2 因果関係の事実的基礎(条件関係)
    • 3 因果関係の刑法的限定(相当因果関係説と客観的帰属論)
  • 第9講 故意論
    • 1 故意の意義と分類
    • 2 故意の体系的位置づけについて
    • 3 故意と過失との限界
  • 第10講 過失論
    • 1 過失の意義および分類
    • 2 新旧過失犯論争
    • 3 過失犯と信頼の原則
  • 第11講 錯誤論
    • 1 故意と錯誤の関係
    • 2 構成要件的事実の錯誤の種類
    • 3 構成要件的事実の錯誤の取扱い
    • 4 違法性の錯誤の取扱い
  • 第12講 正当化事由と免責事由(1)
    • 1 正当防衛の正当化根拠
    • 2 正当防衛の成立要件
    • 3 挑発防衛
    • 4 過剰防衛
    • 5 誤想防衛
    • 6 誤想過剰防衛
  • 第13講 正当化事由と免責事由(2)
    • 1 緊急避難
    • 2 一般的正当化事由
    • 3 責任阻却事由
  • 第14講 未遂犯論(1)
    • 1 未遂犯の処罰根拠
    • 2 実行の着手と未遂犯の成立
  • 第15講 未遂犯論(2)
    • 1 中止犯と不能犯
    • 2 中止犯の法的性格
    • 3 中止犯の成立要件
    • 4 中止犯の適用範囲
    • 5 不能犯の意義
    • 6 不能犯の判断基準
  • 第16講 共犯論(1)
    • 1 共犯の基礎理論
    • 2 共同正犯の基礎理論
    • 3 教唆犯および幇助犯の基礎理論
  • 第17講 共犯論(2)
    • 1 共同正犯の実現態様
    • 2 狭義の共犯めぐる諸問題
    • 3 共犯と身分
  • 第18講 罪数論
    • 1 罪数論の意義
    • 2 一罪と数罪の種類
    • 3 単純一罪
    • 4 科刑上一罪
    • 5 科刑上一罪におけるかすがい現象
    • 6 併合罪
    • 7 単純数罪
    • 8 罪数決定の標準

法律・司法関係の資格・試験・職業 ランキング

法律・司法関係の資格・試験・職業のランキングをご紹介します一覧を見る