サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

  • 第一章 可罰性の理論
    • 序論
    • 一 違法性の理論
    • 二 実定刑法の機能
    • 三 規範的評価と可罰的評価
    • 四 可罰性の理論
    • 結語
  • 第二章 実践刑法学の哲学的基礎
    • 序論
    • 一 刑法学と現象学との交渉
    • 二 犯罪形成過程の現象学的解明
    • 三 犯罪形成過程における時間と空間
    • 結語
  • 第三章 現象学と刑事法学・序説
    • 序説
    • 一 犯罪概念と刑事法学
    • 二 犯罪概念の多元性
    • 三 犯罪概念の新構成
  • 第四章 刑事手続における自白の構造
    • 序説
    • 一 自白採取過程の構造
    • 二 自白採取と被疑者取調
    • 三 約束による自白の構造
  • 第五章 刑事手続における「他者経験」の課題性
    • 序説
    • 一 現象学における他者経験の解明
    • 二 刑事手続における他者経験の課題性
  • 第六章 刑事手続における偶然性の問題
    • 一 序論
    • 二 犯罪概念の形成と偶然性
    • 三 捜査段階における偶然性の問題
    • 四 数学基礎論と刑事訴訟法学の方法
    • 五 結語にかえて
  • 第七章 刑事法学における「構造」の概念
    • 序説
    • 一 数学における「構造」の概念
    • 二 文化人類学における「構造」の概念
    • 三 刑事法学における「構造」の概念
  • 第八章 刑事法学における「相互主観性」の意味
    • 序説
    • 一 犯罪概念形成における相互主観性
    • 二 刑事法学の主要概念と相互主観性
  • 第九章 刑事法学における「生活世界」の構成
    • 序説
    • 一 犯罪概念形成と空間移行
    • 二 犯罪概念形成と時間移行
    • 三 犯罪概念確定と時空超克
  • 第十章 犯罪と精神病の現象学
    • 序説
    • 一 精神医学における現象学的方法
    • 二 刑事法学と精神医学との新交渉
  • 第十一章 現象学的犯罪学の構想
    • 一 序説
    • 二 現象学的犯罪学の観点
    • 三 現象学的犯罪学の方法
    • 四 おわりに
  • 第十二章 新刑事訴訟法論序説
    • はじめに
    • 一 基礎論
    • 二 捜査論
    • 三 公訴論
    • 四 証拠論
    • 五 判決論
    • おわりに