サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

目次

はじめて学ぶ技術倫理の教科書

はじめて学ぶ技術倫理の教科書

  • 今道 友信(編)/ 札野 順(編)
  • 1 問題の提起−技術者の意志決定と行為は,どのような結果を招くのだろうか
    • 1.1 はじめに
    • 1.2 ミニ・ケース:ある化学装置メーカー技術者のジレンマ
    • 1.3 ホンダCVCCエンジン−技術者の役割と責任に徹した優良事例
  • 2 倫理学の必要性とその歴史
    • 2.1 倫理学の必要性
    • 2.2 倫理学の歴史
  • 3 新しい学問エコエティカ
    • 3.1 新しい倫理学の基礎−エコエティカ(生圏倫理学)
    • 3.2 テクノロジー(技術工学,科学技術,工学知)と倫理
  • 4 人権と生活権−生圏における
    • 4.1 人権
    • 4.2 生活権について
  • 5 技術者の倫理とは何か
    • 5.1 「技術連関」と新しい技術者像
    • 5.2 科学技術と価値
    • 5.3 技術者と技術者倫理
    • 5.4 技術者倫理とはどのような能力か−技術者倫理教育の目的
    • 5.5 技術者の中核的能力としての技術者倫理
  • 6 技術者倫理と信頼
    • 6.1 科学技術の発展と信頼
    • 6.2 安全性に対する過信
    • 6.3 信頼の種類
    • 6.4 信頼とリスク
    • 6.5 信頼と不信
    • 6.6 信頼の回復
  • 7 公益と価値共有
    • 7.1 公益と公共性
    • 7.2 価値観の相違
    • 7.3 価値共有
  • 8 技術者の制度と国際化
    • 8.1 技術業の国際化
    • 8.2 技術業とプロフェッション
    • 8.3 技術プロフェッションの倫理綱領とその歴史および機能
    • 8.4 倫理綱領の国際比較
    • 8.5 国際的な倫理綱領
  • 9 企業倫理−技術者倫理確立の条件:個人倫理,企業倫理,社会的支援制度との関係から
    • 9.1 はじめに:なぜ今技術者の倫理なのか
    • 9.2 日本の社会と企業における技術者の位置
    • 9.3 規範意識としての技術者倫理
    • 9.4 技術者の個人倫理
    • 9.5 技術者倫理と企業/組織倫理
    • 9.6 企業倫理の制度化
    • 9.7 技術者倫理の社会的支援制度
    • 9.8 まとめ
  • 10 セブン・ステップ・ガイドを用いたケース分析の手法
    • 10.1 行動決定の指針−セブン・ステップ・ガイド
    • 10.2 具体例−仮想事例『ギルベイン・ゴールド』
    • 10.3 グループ討議によるケース分析
    • 10.4 7段階法以外の方法
    • 10.5 まとめ
  • 付録−事例集

倫理・道徳 ランキング

倫理・道徳のランキングをご紹介します一覧を見る