サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で5%OFFクーポン(0915-21)

目次

日本における市民社会の二重構造 政策提言なきメンバー達

日本における市民社会の二重構造 政策提言なきメンバー達 (現代世界の市民社会・利益団体研究叢書)

  • ロバート・ペッカネン(著)/ 佐々田 博教(訳)/ 辻中 豊(編)
  • 第1章 序論
    • 1.市民社会の再定義
    • 2.理論的背景
    • 3.議論
    • 4.日本市民社会の分析的枠組み
    • 5.規制枠組み:団体の法的規制,財政,優遇税制
    • 6.政治機会構造
    • 7.その他の間接的影響:対立管理と郵便料金
    • 8.最近の変化
    • 9.むすび
  • 第2章 比較の観点から捉える日本の市民社会
    • 1.比較の観点から捉える日本の市民社会:日本に特有なものは何か
    • 2.団体の数
    • 3.個人レベルの団体参加
    • 4.専門職化
    • 5.むすび
  • 第3章 法規制の枠組み
    • 1.比較の観点から見た日本の法律
    • 2.団体結成に関わる規制
    • 3.法人団体の法的分類
    • 4.団体運営の規制
    • 5.税制
    • 6.非営利団体への公的資金援助
    • 7.団体設立
    • 8.正当化
    • 9.むすび
  • 第4章 自治体と地域市民社会
    • 1.自治会とは何か?
    • 2.自治会の歴史
    • 3.政府と自治会の関係
    • 4.自治会と国家:政治制度からの議論
    • 5.むすび:政策提言なきメンバー集団としての自治会
  • 第5章 市民社会に対する規制の政治的背景
    • 1.民法第34条の起草
    • 2.NPO法
    • 3.国家と市民社会の関係の再定義:立法段階での論争
    • 4.2001年度税制改正と民法第34条の改正
    • 5.むすび
  • 第6章 結論:政策提言なきメンバーたち
    • 1.市民社会の二重構造
    • 2.歴史の重要性:決定的な転機,「氷河期」と雪どけ
    • 3.ゲームのルールの決定:「規制論争」
    • 4.日本の規制枠組み:なぜ長い間変化がなく,現在急激に多くの変化が生じているのか
    • 5.政策提言なきメンバー
    • 6.結論