サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

目次

  • 序章
    • 本書の問題関心
    • 情報通信政策とアレコム政策
    • 本書の要旨
  • 第一章 本書のねらい・理論的背景・構成
    • 一 本書のねらい
    • 二 理論的背景と課題
    • 三 本書の構成
  • 第二章 アメリカのテレコム政策をめぐるアクター
    • 一 はじめに
    • 二 連邦通信委員会と議会
    • 三 大統領・ホワイトハウスとの関係
    • 四 テレコム政策ネットワークにおけるその他のアクター
    • 五 結論−テレコム政策ネットワークにおけるアクターの機能
  • 第三章 一九九六年電気通信法の成立−ユニバーサル・サービスの観点から−
    • 一 はじめに
    • 二 通信法改正議論の起源
    • 三 立法過程における新たなアクターの登場
    • 四 一九九六年電気通信法の成立
    • 五 結論−新たなアクターの政治的資源
  • 第四章 連邦通信委員会におけるEレート(E‐rate)プログラムの規則作成過程
    • 一 はじめに
    • 二 Eレートプログラムの政策概要
    • 三 連邦通信委員会における規則作成過程
    • 四 新たな連合のEレートプログラム成立に関する政治的影響力
    • 五 結論−テレコム政策ネットワークにおける教育・図書館団体の台頭
  • 第五章 Eレート(E‐rate)プログラムの政策実施過程
    • 一 はじめに
    • 二 政策実施段階における教育・図書館団体の果す役割
    • 三 Eレートプログラムの実施と存続をめぐる戦い
    • 四 共和党ブッシュ政権の誕生とその後の政策展開
    • 五 結論−教育・図書館団体のテレコム政策ネットワークにおける政治化
  • 第六章 結論
    • 一 はじめに
    • 二 事例研究の総括
    • 三 政策ネットワーク間関係の変容
    • 四 本書の射程と今後の研究に関する展望