サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

目次

  • 序章 環境政策論とは何か
    • 第1節 「環境」とは何か
    • 第2節 環境政策論とは何か
    • 第3節 制度が変わる二つの要件
  • 第1部 環境政策の歴史
  • 第2章 環境問題の変遷と環境政策の歴史 〈その1:黎明期〜昭和30年代〉
    • 第1節 明治時代以前の環境政策
    • 第2節 明治時代の環境政策
    • 第3節 大正時代から昭和初期まで
    • 第4節 第二次世界大戦とその復興期
    • 第5節 昭和30年代−高度経済成長とその歪み
    • 補論 公害病について
  • 第3章 環境問題の変遷と環境政策の歴史 〈その2:第一の波〜停滞期〉
    • 第1節 公害対策基本法の制定
    • 第2節 公害国会と環境庁の設置
    • 第3節 停滞する環境行政−石油危機〜昭和50年代
  • 第4章 環境問題の変遷と環境政策の歴史 〈その3:第二の波,総括〉
    • 第1節 環境政策の第二の波の出現
    • 第2節 環境基本法の制定から環境省の創設まで
    • 第3節 2000年代の環境政策
    • 第4節 小括
  • 第5章 都市計画・国土開発行政の変遷
    • 第1節 都市計画行政の変遷
    • 第2節 国土開発行政の変遷
    • 第3節 小括−国土・都市計画行政と環境行政−
  • 第2部 環境政策の基本
  • 第6章 環境基本法
    • 第1節 背景
    • 第2節 内容
    • 第3節 論点
  • 第7章 環境政策の目標
    • 第1節 環境法の目的
    • 第2節 環境基本法の基本理念
    • 第3節 「環境権」の確保
    • 第4節 社会の持続可能性(sustainability)の確保
  • 第8章 対策の実施段階に関する原則
    • 第1節 未然防止原則(prevention principle)
    • 第2節 予防原則(precautionary principle)
    • 第3節 源流対策(source reduction)の原則
    • 第4節 統合汚染回避管理(integrated pollution prevention and control)の原則
  • 第9章 対策の実施主体に関する原則
    • 第1節 汚染者負担原則(polluter pays principle)
    • 第2節 拡大生産者責任(extended producer responsibility)の原則
    • 第3節 設計者責任(designer responsibility)の原則
    • 第4節 負担原則の整理
  • 第10章 政策の実施主体に関する原則
    • 第1節 政策の主体の新しい流れ
    • 第2節 さまざまな政策主体
    • 第3節 協働原則(collaboration principle)
    • 第4節 補完性原則(subsidiarity principle)
  • 第3部 環境政策の諸手法
  • 第11章 計画の策定と目標の設定(計画的手法)
    • 第1節 計画的手法
    • 第2節 環境指標
    • 第3節 環境基準
  • 第12章 対策を実施させるための手法 〈その1:概論,規制的手法,経済的手法〉
    • 第1節 概論
    • 第2節 規制的手法
    • 第3節 経済的手法
  • 第13章 対策を実施させるための手法 〈その2:情報的・合意的・支援的手法〉・その他の手法
    • 第1節 情報的手法
    • 第2節 合意的手法・自主的アプローチ
    • 第3節 支援的手法
    • 第4節 その他の環境政策手法
  • 第14章 環境政策手法の選択−ポリシーミックスの方向性
    • 第1節 ポリシーミックスの方向性
    • 第2節 環境問題の物理的・社会的広がりに応じた手法の選択
    • 第3節 環境問題の程度に応じた政策手法の選択
  • 補章 数量調整と価格調整に関する経済的分析
    • 第1節 価格調整のメリット
    • 第2節 改良された数量調整
    • 第3節 対策費用に不確実性が伴う場合の政策手法の選択
  • 第4部 個別環境法規の概要
  • 第15章 公害防止・化学物質管理関連法
    • 第1節 公害防止関連法の概要
    • 第2節 化学物質管理関連法の概要
    • 第3節 課題
  • 第16章 自然環境保全関連法
    • 第1節 自然環境保全関連法の概要
    • 第2節 自然共生社会に向けた政策の展開
    • 第3節 課題
  • 第17章 環境影響評価法
    • 第1節 環境影響評価制度とは
    • 第2節 環境影響評価法の概要
    • 第3節 戦略的環境アセスメント
    • 第4節 課題
  • 第18章 循環型社会形成関連法
    • 第1節 循環型社会とは
    • 第2節 資源の循環に関する法制度
    • 第3節 地球温暖化防止・エネルギーの有効活用に関する法制度の概要
  • 第19章 低炭素化社会形成関連法
    • 第1節 低炭素化社会とは
    • 第2節 国際的な制度の概要
    • 第3節 低炭素社会形成推進に関する法制度の概要
    • 第4節 課題
  • 終章 これからの環境政策
    • 第1節 新しい環境政策の方向
    • 第2節 環境政策学の課題