サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

目次

  • 1.社会調査とは何か
    • 1.1 社会調査の基本概念
    • 1.2 情報化社会における調査の意義
    • 1.3 調査理論の発展
    • 1.4 調査によるデータ収集の限界
    • 1.5 調査に求められる倫理
  • 2.調査方法の種類
    • 2.1 調査方法の分類基準
    • 2.2 質的調査
    • 2.3 量的調査
    • 2.4 調査実施方法
  • 3.社会調査の手順
    • 3.1 科学的方法論としての社会調査
    • 3.2 社会調査の一般過程
    • 3.3 調査企画・仮計画
    • 3.4 プリテスト
    • 3.5 最終調査設計・計画
    • 3.6 調査実施(実査)
    • 3.7 データ分析
    • 3.8 結果報告
  • 4.標本抽出の理論と方法
    • 4.1 標本設計の基本
    • 4.2 標本抽出の由来
    • 4.3 標本調査の考え方
    • 4.4 有意抽出法
    • 4.5 単純無作為抽出法
    • 4.6 系統抽出法
    • 4.7 多段抽出法
    • 4.8 層別抽出法
    • 4.9 層別多段抽出法
    • 4.10 抽出名簿がない場合の標本抽出
  • 5.調査票の設計
    • 5.1 調査票による調査の特徴
    • 5.2 概念化,操作化と計測
    • 5.3 調査票の構成と作成手順
    • 5.4 調査票設計の基本原則
    • 5.5 調査実施方法別の留意事項
    • 5.6 調査票による調査の長所と短所
  • 6.実査
    • 6.1 実査作業の流れ
    • 6.2 調査実施計画書の作成
    • 6.3 標本抽出作業
    • 6.4 調査資材の準備
    • 6.5 調査員の手配・配置・訓練
    • 6.6 主な調査実施方法による実査
    • 6.7 実査にともなう調査誤差
    • 6.8 調査環境の変化
  • 7.調査結果の整理・集計
    • 7.1 データ分析を行う前に必要な作業
    • 7.2 調査実施報告書の作成
    • 7.3 エディティング
    • 7.4 コーディング
    • 7.5 データ入力
    • 7.6 データクリーニング
    • 7.7 データファイル作成
    • 7.8 コードブックの作成
    • 7.9 単純集計
    • 7.10 クロス集計表
  • 8.データの要約と統計推測
    • 8.1 統計量とは
    • 8.2 基本統計量
    • 8.3 推定・検定
  • 9.量的データの関連性分析
    • 9.1 データ解析の基本
    • 9.2 相関分析と回帰分析
    • 9.3 判別分析
    • 9.4 主成分分析
    • 9.5 因子分析
    • 9.6 クラスター分析
  • 10.質的データの探索的分析
    • 10.1 質的データの性質
    • 10.2 順位相関
    • 10.3 クロス表の関連度指標
    • 10.4 クロス表の独立性検定
    • 10.5 数量化Ⅲ類
    • 10.6 対数線形モデル
    • 10.7 ロジスティック回帰分析
  • 11.調査報告・結果公表
    • 11.1 調査結果公表の意義
    • 11.2 調査結果公表の方法
    • 11.3 調査報告書作成の原則
    • 11.4 書面調査報告書の書き方
    • 11.5 学術論文の書き方
    • 11.6 代表的な社会調査
  • 12.国際比較調査
    • 12.1 比較調査の背景
    • 12.2 比較調査の効用
    • 12.3 比較調査の現状
    • 12.4 比較可能性を確保するための標本抽出
    • 12.5 等価性を配慮した調査票の設計・翻訳
    • 12.6 調査環境に適応した実査方法の選定
    • 12.7 データ解析法の標準化
    • 12.8 比較調査の注意点