サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

目次

発話機能論

発話機能論

  • 山岡 政紀(著)
  • 第1章 発話機能論を始めるに当たって
    • 1.1 発話機能とは何か−直観的把捉と定義
    • 1.2 本書の構成と概要
    • 1.3 条件群の階層構造
  • 第2章 発話機能論の歴史
    • 2.0 本章の概要
    • 2.1 言語機能論と発話機能論
    • 2.2 日本語文法のモダリティ論における発話機能指向
    • 2.3 日本語教育における表現意図と発話機能
    • 2.4 日本語の会話分析における発話機能
    • 2.5 ハリデーの機能文法における発話機能
    • 2.6 サールの発話行為論における発話行為
    • 2.7 本章のまとめ
  • 第3章 発話行為と発話機能の比較
    • 3.0 本章の概要
    • 3.1 二つの理論の共通性
    • 3.2 二つの理論の相違点
    • 3.3 二つの理論の統合へ
  • 第4章 発話機能の基本原理
    • 4.0 本章の概要
    • 4.1 発話機能と語用論的条件
    • 4.2 語用論的条件の共有
    • 4.3 発話機能の原型(《要求》と《付与》)
    • 4.4 会話の単位としての「連」
    • 4.5 発話機能の条件としての文機能
    • 4.6 《命令》の各文機能と命題内容条件
    • 4.7 《服従》の各文機能と命題内容条件
    • 4.8 《命令》・《服従》の実例
  • 第5章 発話機能の範疇群
    • 5.1 4分類案の提示
    • 5.2 {策動}の一般的特徴
    • 5.3 《命令》・《服従》
    • 5.4 《依頼》・《協力》
    • 5.5 《改善要求》・《改善》
    • 5.6 《提供要求》・《提供》
    • 5.7 《約束要求》・《約束》
    • 5.8 《助言要求》・《助言》
    • 5.9 《忠告》・《受容》
    • 5.10 《許可要求》《許可》
    • 5.11 《勧誘》・《参加》
    • 5.12 《脅迫》
    • 5.13 {宣言}
    • 5.14 {演述}
    • 5.15 {表出}
    • 5.16 メタ発話レベルの発話機能
  • 第6章 授受構文の構造
    • 6.0 本章の概要
    • 6.1 二重の格と動作主格
    • 6.2 授受動詞構文と受益者格
    • 6.3 授受補助動詞テアゲルとテクレルの構文
    • 6.4 授受補助動詞テモラウの構文
    • 6.5 視点制約とその特性
    • 6.6 授受構文の視点制約
    • 6.7 授受構文の人称制限
    • 6.8 本章のまとめ
  • 第7章 授受構文による{策動}
    • 7.1 本章の概要
    • 7.2 〈命令〉による《依頼》と授受構文
    • 7.3 〈意志表出〉による《命令》と授受構文
    • 7.4 〈願望表出〉の多機能性と授受構文
    • 7.5 本章のまとめ