サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

目次

朝倉化学大系 18 希土類元素の化学

朝倉化学大系 18 希土類元素の化学

  • 佐野 博敏(編集顧問)/ 富永 健(編集幹事)/ 徂徠 道夫(ほか編集委員)/ 松本 和子(著)
  • 1 希土類元素とは
    • 1.1 希土類元素の名称と周期表における位置
    • 1.2 希土類元素発見の歴史
    • 1.3 産業界における希土類元素の歴史
    • 1.4 原子力と希土類元素
  • 2 希土類元素の性質
    • 2.1 希土類元素の電子配置
    • 2.2 原子半径・イオン半径とランタニド収縮
    • 2.3 希土類金属の物性と周期性
    • 2.4 希土類元素の化学的特徴
  • 3 希土類元素の存在度と資源
    • 3.1 希土類元素の存在度
    • 3.2 希土類元素の鉱石と分布
  • 4 希土類元素の抽出と分離
    • 4.1 鉱石からの抽出
    • 4.2 希土類金属の単離と性質
    • 4.3 希土類イオンの相互分離
  • 5 希土類元素の分析法
    • 5.1 蛍光X線分析
    • 5.2 ICP発光分析
    • 5.3 ICP質量分析
    • 5.4 中性子放射化分析
  • 6 希土類元素の配位化学
    • 6.1 イオン半径と配位数
    • 6.2 安定度定数
    • 6.3 水和イオン
    • 6.4 加水分解
    • 6.5 アミノ酸・核酸・糖の錯体
    • 6.6 β‐ジケトン錯体
    • 6.7 EDTAおよび関連配位子の錯体
    • 6.8 含窒素芳香環配位子の錯体
    • 6.9 大環状配位子の錯体
    • 6.10 クリプテート錯体
    • 6.11 2+および4+の希土類イオンの水和イオンと配位化合物
  • 7 希土類イオンの電子状態
    • 7.1 f軌道の波動関数
    • 7.2 希土類元素における相対論的効果
    • 7.3 希土類イオンのエネルギー準位
  • 8 希土類イオンの電子スペクトル
    • 8.1 希土類イオンの配位子場理論
    • 8.2 希土類イオンのスペクトルの特徴
    • 8.3 希土類イオンの吸収スペクトル
  • 9 希土類イオンの発光
    • 9.1 蛍光・燐光の物理化学
    • 9.2 希土類錯体の発光
    • 9.3 蛍光エネルギー移動と光誘起電子移動
  • 10 希土類化合物の磁性
    • 10.1 磁気モーメントと磁化率
    • 10.2 ESR
  • 11 希土類錯体のNMR
    • 11.1 NMRシフト試薬
    • 11.2 希土類錯体が及ぼす縦緩和への影響
    • 11.3 MRIコントラスト試薬
  • 12 センサー機能を持つ希土類蛍光錯体
    • 12.1 センサー機能の原理
    • 12.2 センサー機能を持つ希土類蛍光錯体
  • 13 生命科学と希土類元素
    • 13.1 生体における希土類元素の分布・代謝・毒性
    • 13.2 人工加水分解酵素としての希土類錯体
    • 13.3 希土類錯体の時間分解蛍光免疫分析への応用
    • 13.4 希土類錯体の核酸分析への応用
    • 13.5 レセプター−リガンドバインディングアッセイ
    • 13.6 希土類錯体の分離・精製法への応用
    • 13.7 時間分解蛍光イメージング
    • 13.8 その他の生命科学研究における希土類イオンプローブの応用