サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章 平成生保破綻の真実
  • 第1章 外的要因を検証する
    • 一.知られざる生保の収益・リスク構造と規制環境
    • 二.構造要因を検証する−業界全体に対する外的要因
    • 三.規模拡大競争、顧客基盤・会社形態の制約による影響
    • 四.格付けとディスクロージャーの果たした役割
  • 第2章 どこで道を誤ったのか
    • 一.個別事例の検証
    • 二.事業規模の急拡大が命取りに−日産生命保険
    • 三.トップの不適切な経営−東邦生命保険
    • 四.低収益構造が足かせに−第百生命保険
    • 五.わずか二年半の投融資が致命傷に−千代田生命保険
    • 六.「経営の空白」が破綻を招く−協栄生命保険
    • 七.「風評リスクで破綻」は本当か−東京生命保険
    • 八.内的要因が破綻生保の経営に果たした役割
  • 第3章 経営破綻の因果関係を整理する
    • 一.破綻に関連する内的要因の整理
    • 二.内的要因と外的要因の連鎖を解く
  • 第4章 何が明暗を分けたのか
    • 一.破綻しなかった生保の経営実態はどうだったのか
    • 二.破綻しなかった中堅生保
    • 三.破綻生保とどこが違ったのか
  • 第5章 日本だけが特異だったのか
    • 一.不適切な経営−英国エクイタブル生命の破綻
    • 二.無軌道な経営が致命傷に−韓国の生保破綻
  • 終章 破綻から何を学んだのか