サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • A.免疫組織化学
    • 免疫組織化学の原理と応用
    • 固定法および抗原賦活法
    • 蛋白質と脂質を見るための電子顕微鏡法
  • B.in situハイブリダイゼーション法
    • In situハイブリダイゼーションの基礎と応用
    • ホールマウントin situハイブリダイゼーション
    • FISH法の実際と応用
  • C.核酸及び蛋白質の修飾と可視化
    • リアルタイムPCRとsiRNA/miRNA実験の原理から応用
    • 細胞組織化学におけるプロテオミクス
  • D.ウイルスの組織細胞化学への応用
    • アデノウイルスベクターとtetシステムの組織細胞化学への応用
    • レンチウイルスベクターの作製方法とその応用
  • E.顕微鏡観察技術の新しい展開
    • 蛍光タンパク質の基礎と実際
    • 顕微鏡観察の基礎と応用
    • インキュベーション顕微鏡を用いた長期観察
    • カルシウムイメージング
    • 新しい蛍光蛋白質を用いたイメージング
    • 全反射蛍光顕微鏡(TIRFM)を用いたイメージング
  • F.病理診断
    • 分子病理診断時代の免疫組織化学−あなたは固定をとりますか?それとも賦活化をとりますか?−
    • 病理診断におけるin situ hybridizationの実際と今後の展望
    • 子宮内膜病変診断法としての2色FISH法の治療への応用−若年子宮体癌に対する妊孕性温存療法治療終了時期判定−
    • レーザーマイクロダイセクションの病理診断への応用−とくに細胞診検体を中心として−