サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

情報理論

情報理論 (IT Text)

  • 白木 善尚(編)/ 村松 純(共著)/ 岩田 賢一(共著)/ 有村 光晴(共著)/ 渋谷 智治(共著)/ 情報処理学会(編集)
  • 第1章 情報理論のねらい
    • 1.1 情報理論が活躍する場面
    • 1.2 情報源と通信路
    • 1.3 2つの符号
    • 1.4 冗長性
  • 第2章 情報理論の基本的な問題
    • 2.1 背景となる確率論
    • 2.2 情報量の概念
    • 2.3 符号の概念と符号化定理
  • 第3章 平均符号長を最小にする情報源符号
    • 3.1 情報源符号のシステムモデル
    • 3.2 伝える情報量と符号長の関係
    • 3.3 符号木
    • 3.4 ハフマン符号
  • 第4章 数直線における区間の分割に基づく情報源符号
    • 4.1 本章で紹介するイライアス符号の利点
    • 4.2 数直線の区間を用いたメッセージと符号語との対応づけ
    • 4.3 イライアス符号
  • 第5章 ユニバーサルな情報源符号
    • 5.1 情報源符号のユニバーサル性とは
    • 5.2 二段階符号
    • 5.3 適応符号
  • 第6章 ユニバーサル符号(Ⅰ)
    • 6.1 LZ符号
    • 6.2 LZ77符号
    • 6.3 LZ78符号
  • 第7章 ユニバーサル符号(Ⅱ)
    • 7.1 MTF法
    • 7.2 ブロックソート法
    • 7.3 文法圧縮法
  • 第8章 通信路符号の誤り訂正能力
    • 8.1 通信路符号のシステムモデル
    • 8.2 誤り訂正符号の設計指針
    • 8.3 ハミング距離とハミング重み
    • 8.4 最小距離と誤り検出・訂正能力
  • 第9章 符号の効率と誤り訂正能力の関係
    • 9.1 パリティ検査符号
    • 9.2 ハミング符号
    • 9.3 誤り訂正符号の効率
    • 9.4 線形符号
    • 9.5 線形符号を用いた誤りの検出と訂正
  • 第10章 巡回符号
    • 10.1 巡回符号
    • 10.2 巡回符号の性質
    • 10.3 巡回符号による誤り検出
  • 第11章 BCH符号
    • 11.1 有限体の基礎
    • 11.2 BCH符号
    • 11.3 BCH符号の復号アルゴリズム
    • 11.4 リード・ソロモン符号
  • 付録A 畳み込み符号
    • A.1 畳み込み符号
    • A.2 畳み込み符号のトレリス線図
    • A.3 ビタビ復号法
  • 付録B 最新の符号:ターボ符号とIDPC符号
    • B.1 最尤復号と逐次的な反復復号
    • B.2 メッセージ伝搬に基づく復号法