サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第1章 大塩平八郎の陽明学への射程
    • 1 大塩の学んだ儒学
    • 2 『呻吟語』との出会い
    • 3 学堂東掲から『洗心洞箚記』へ
    • 4 陽明学への探求
  • 第2章 大塩思想の原点としての『孝経』
    • 1 近世朱子学における孝経観
    • 2 陽明学の『孝経』受容
    • 3 大塩遺著『孝経講義』の注釈
    • 4 『増補孝経彙註』からみた孝経観
  • 第3章 『洗心洞箚記』における陽明学的構成
    • 1 『箚記』成立をめぐる言説
    • 2 『箚記』の構成
    • 3 平八郎の陽明学
    • 4 『箚記』における儒教論
  • 第4章 大塩思想における『儒門空虚聚語』の意義
    • 1 『聚語』の構成
    • 2 中国思想のなかの空虚霊無
    • 3 大塩の機軸概念としての太虚
    • 4 太虚観をめぐる評価と継承
  • 第5章 近世陽明学における『大学』受容の特徴と『古本大学刮目』の位置
    • 1 中江藤樹の『大学』受容
    • 2 熊沢蕃山の特徴
    • 3 三輪執斎の場合
    • 4 『古本大学刮目』の意義
  • 第6章 門人・西村履三郎からみた洗心洞
    • 1 履三郎の学問
    • 2 自筆本『洗心洞唐宋元明清名家詩選』
    • 3 洗心洞での生活
    • 4 立教館柘植葛城との交流
  • 第7章 大塩平八郎と天照皇大神信仰
    • 1 政治理想としての古代
    • 2 『洗心洞箚記』の富士・伊勢奉納
    • 3 燔書と聖人の再来
  • 第8章 大塩平八郎の被差別民観
    • 1 大塩をめぐる被差別民論
    • 2 人間観としての天地万物一体之仁
    • 3 町奉行所手下としての非人
    • 4 大塩とかわた村
    • 5 被差別部落民の乱参加の意味
  • 第9章 心情の文学としての『洗心洞詩文』
    • 1 『洗心洞詩文』の主題
    • 2 『洗心洞詩文』と『洗心洞唐宋元明清名家詩選』
    • 3 大塩の詩文論
  • 第10章 大塩思想の継承者・三宅雪嶺
    • 1 雪嶺の学業
    • 2 雪嶺にとっての雑誌『日本人』
    • 3 道理に立脚した日本文化論
    • 4 陽明学の継承
    • 5 良知を致せば聖人に至る
  • 第11章 大塩後素編『洗心洞唐宋元明清名家詩選』の世界より
    • Ⅰ 『洗心洞唐宋元明清名家詩選』巻一
    • Ⅱ 『洗心洞唐宋元明清名家詩選』巻二