サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 『うたたね』創作の基底
    • 一 当代批評の明暗
    • 二 藤村と一葉
    • 三 藤村とシェークスピア
  • 『うたたね』の構造と意味
    • 一 プロットの展開
    • 二 家の幻想
    • 三 家の崩壊、形骸としての家
    • 四 「親子だつて他人だ」の意味
  • 『老嬢』のアンビバレンツ的性格
    • 一 はじめに
    • 二 『老嬢』にみられる「誇り」と「絶望」
    • 三 登場人物のアンビバレンツな生
    • 四 おわりに
  • 「家」の空間
    • 一 はじめに
    • 二 橋本家の主人達雄にとっての「家」の空間
    • 三 橋本家の女主人お種にとっての「家」の空間
    • 四 正太にとっての「家」の空間
    • 五 豊世にとっての「家」の空間
    • 六 実夫婦にとっての「家」の空間
    • 七 三吉夫婦にとっての「家」の空間
    • 八 おわりに
  • 『夜明け前』と近代
    • 一 はじめに
    • 二 青山半蔵にとっての近代
    • 三 執筆時の時代相と藤村にとっての近代
    • 四 『夜明け前』に表れた近代の意味
    • 五 おわりに
  • 『巡礼』のナショナリズム的解釈の可能性
    • 一 はじめに
    • 二 『巡礼』とアジアの国々
    • 三 おわりに
  • 島崎藤村の『破戒』と黄順元の『日月』との比較研究
    • 一 はじめに
    • 二 モチーフとしての被差別部落民・〈白丁〉
    • 三 疎外の小説的展開
    • 四 主題的指向点
  • 島崎藤村の『家』と廉想渉の『三代』との比較研究
    • 一 はじめに
    • 二 『家』における伝統家族の様相と新しい家の建設
    • 三 『三代』における伝統家族の様相と家系の継承
    • 四 『家』の『三代』への影響について
    • 五 おわりに