サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

目次

ゼロからはじめる化学

ゼロからはじめる化学

  • 立屋敷 哲(著)
  • 1章 化学式・反応式がわかるようになる(物質の構成粒子:原子・イオン・分子)
    • 1・1 原子(物質を構成する基本粒子)−すべての物質は原子からできている−
    • 1・2 イオン(物質を構成する第二の基本粒子)
    • 1・3 分子(物質を構成する第三の基本粒子)
    • 1・4 周期表と元素の二大分類
    • 1・5 イオン性化合物(化学式の書き方と命名法)
    • 1・6 化学反応と反応式
    • 1・7 酸と塩基
    • 1・8 酸化還元
    • 1・9 記憶すべき化学式・名称
    • 演習問題解答
  • 2章 モル(物質量)がわかる,化学計算ができるようになる
    • 2・1 単位と計算
    • 2・2 mol(モル),モル濃度,ファクター
    • 2・3 中和反応と濃度計算
    • 2・4 化学反応式を用いた計算
    • 2・5 密度,パーセント濃度,含有率,希釈
    • 2・6 水素イオン濃度とpH
    • 演習問題解答
  • 3章 化学結合と分子構造を理解する,無機化合物・周期表がわかる
    • 3・1 原子価,イオンの価数と周期表
    • 3・2 原子の電子配置と周期律
    • 3・3 電子式(ルイス記号)
    • 3・4 イオンの価数とオクテット則(高校で学んだ考え方)
    • 3・5 オクテット則と化学結合
    • 3・6 陽イオン,陰イオンへのなりやすさ−イオン化エネルギー・電子親和力とその周期性−
    • 3・7 共有結合を考える−原子構造の同心円モデル,化学結合のオクテットモデルから量子論モデルへ−
    • 3・8 周期表とさまざまな化合物の組成式
    • 演習問題解答
  • 4章 有機化合物の構造式と名称がわかる・書けるようになる,性質がわかる
    • 4・1 分子模型と構造式
    • 4・2 構造式の書き方と構造異性体
    • 4・3 飽和炭化水素−アルカンとその命名法−
    • 4・4 13種類の有機化合物群と官能基
    • 4・5 13種類の有機化合物群について
    • 4・6 有機化合物の命名法のまとめ
    • 4・7 複雑な化合物をどのように理解するか
    • 4・8 有機化合物の性質を理解するための重要概念
    • 4・9 有機化合物の反応−酸化還元,縮合,脱離,付加,置換−
    • 演習問題解答
  • 付録1 物質の三態と気体の性質,溶液の性質
    • 1・1 物質の三態
    • 1・2 圧力とは
    • 1・3 気体の法則
    • 1・4 溶液の性質
  • 付録2 反応熱とは−熱含量(エンタルピー)変化−
    • 2・1 熱化学方程式
    • 2・2 熱含量(エンタルピーH)と熱含量変化(エンタルピー変化ΔH)
    • 2・3 ヘスの法則(総熱量保存の法則)−食品の栄養カロリー計算の原理−
    • 2・4 反応熱の実体−結合エネルギーの差−
  • 付録3 平衡定数と弱酸のpH,緩衝液のpH
    • 3・1 可逆反応と平衡状態
    • 3・2 pH=7の水溶液はなぜ中性なのか
    • 3・3 酸の強弱と酸解離(平衡)定数
    • 3・4 血液のpHと緩衝液
  • 付録4 13種類の有機化合物群の一般式・官能基:確認テスト
  • 付録5 生命科学・食品学・栄養学に出てくる有機化合物
    • 5・1 アミノ酸
    • 5・2 脂質
    • 5・3 糖
    • 5・4 核酸塩基−RNAとDNA−
    • 5・5 ビタミン