サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

目次

  • 第1章 興奮と拮抗型抑制
    • 1−1 Békésyの神経単位
    • 1−2 Ratliffの極値外挿模型
    • 1−3 藤井・松岡・森田の側方抑制模型
    • 1−4 古川・萩原の非線形受容野模型
  • 第2章 興奮と拮抗型抑制による辺縁対比のコンピュータ・シミュレーション
    • 2−1 多段階模型
    • 2−2 多段階模型による辺縁対比のコンピュータ・シミュレーション
    • 2−3 他の模型との比較
  • 第3章 明るさの同時対比に伴う明るさ水準の低下
    • 3−1 対比誘導図形における見えの明るさの実験的検討
    • 3−2 マッチング法による実験的検討
    • 3−3 対比誘導図形における見えの明るさについての考察
  • 第4章 半矩形波格子図形における興奮と複合的抑制
    • 4−1 半矩形波図形における見えの明るさの実験的検討
    • 4−2 複合的抑制模型による考察
  • 第5章 Craik‐O’Brien錯視と輪郭線強調効果
    • 5−1 Craik‐O’Brien図形の分類
    • 5−2 マッチング法によるCraik‐O’Brien錯視と輪郭線強調効果に関する実験的検討
    • 5−3 多段階模型によるCraik‐O’Brien錯視と輪郭線強調効果の考察
  • 第6章 暗と明のCraik‐O’Brien錯視における非対称性
    • 6−1 補償法によるCraik‐O’Brien錯視の実験的検討
    • 6−2 マッチング法と補償法の比較
    • 6−3 修正された多段階模型によるCraik‐O’Brien錯視の考察
  • 第7章 Craik‐O’Brien錯視とCornsweet錯視の関係
    • 7−1 Cornsweet錯視
    • 7−2 Craik‐O’Brien‐Cornsweet錯視に関する実験的検討
    • 7−3 一様輝度図形の明るさとの比較
    • 7−4 Craik‐O’Brien錯視およびCornsweet錯視
    • 7−5 Craik‐O’Brien錯視とCornsweet錯視間の相互作用
  • 第8章 コントラスト極性がEhrenstein錯視に及ぼす相殺効果
    • 8−1 Ehrenstein錯視の実験的検討
    • 8−2 修正された多段階模型によるEhrenstein錯視の考察
    • 8−3 多角的平面を有するEhrenstein錯視
  • 第9章 まとめ

心理学 ランキング

心理学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む