サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

コア講義生物学

コア講義生物学

  • 田村 隆明(著)
  • 1 生物の種類
    • 1・1 生物分類法における「種」
    • 1・2 五界説による生物の分類
    • 1・3 生物の3大分類
    • 1・4 生物の本質
  • 2 遺伝と遺伝子
    • 2・1 遺伝に関するメンデルの法則
    • 2・2 さまざまな遺伝様式
    • 2・3 連鎖と変異
    • 2・4 遺伝物質の探求
    • 〈発展学習〉新しい遺伝学の理解のために
  • 3 細胞とそこに含まれる物質
    • 3・1 生物の基本単位:細胞
    • 3・2 細胞膜と細胞質
    • 3・3 細胞内の構造
    • 3・4 多細胞生物の構築
    • 3・5 細胞に含まれる分子
    • 3・6 アミノ酸とタンパク質
    • 3・7 ヌクレオチドと核酸
  • 4 DNA複製と細胞の増殖
    • 4・1 真核生物ゲノムの構造
    • 4・2 染色体とクロマチン
    • 4・3 DNA複製のしくみ
    • 4・4 細胞内におけるDNAの動態
    • 4・5 細胞分裂
    • 4・6 細胞の死
  • 5 DNAにある遺伝情報を取り出す:遺伝子発現
    • 5・1 RNA合成
    • 5・2 転写の調節
    • 5・3 RNAの加工
    • 5・4 翻訳以外にもあるRNAの機能
    • 5・5 タンパク質合成「翻訳」
    • 5・6 翻訳後の出来事
    • 〈発展学習〉細胞内情報伝達:外部刺激に細胞が応答するしくみ
  • 6 次世代個体を誕生させる:生殖と発生・分化
    • 6・1 生殖:個体の増殖
    • 6・2 配偶子の形成
    • 6・3 動物の発生:受精卵から胚,成体への成長
    • 6・4 幹細胞と分化・再生
  • 7 生命を支える化学反応
    • 7・1 栄養と代謝
    • 7・2 酵素
    • 7・3 グルコースからエネルギーを取り出す
    • 7・4 生命活動におけるエネルギー通貨:ATP
    • 7・5 脂肪の燃焼
    • 7・6 エネルギー源の産生,貯蔵
    • 〈発展学習〉ATPの合成のメカニズム
  • 8 動物の器官
    • 8・1 循環器
    • 8・2 消化器系:消化と吸収
    • 8・3 腎臓:体液の調節と毒素の排出
    • 8・4 筋肉:エネルギーを運動に変える
    • 8・5 感覚器官
  • 9 多細胞生物個体の統御
    • 9・1 恒常性の維持
    • 9・2 神経系
    • 9・3 神経細胞
    • 9・4 ホルモン
    • 9・5 個体の統御機構
    • 〈発展学習〉神経伝達のメカニズム
  • 10 外敵の侵入とその防御
    • 10・1 細菌
    • 10・2 ウイルス
    • 10・3 免疫
    • 〈発展学習〉癌から学ぶ細胞健全性の維持機構
  • 11 植物の生き方
    • 11・1 植物の体制と物質移送
    • 11・2 光合成:二酸化炭素からグルコースをつくる
    • 11・3 窒素同化:窒素を有機物に取り込む
    • 11・4 種子植物の生殖
    • 11・5 植物にみられる調節
  • 12 生物の集団と生き方
    • 12・1 個体群の増殖戦略
    • 12・2 個体群の内部構造
    • 12・3 個体群間の相互作用
    • 12・4 生物群集の構造
    • 12・5 生態系とその働き
    • 12・6 生態系の破壊
    • 〈発展学習〉生理的特性から見た適応戦略
  • 13 生物の進化
    • 13・1 生物の出現
    • 13・2 地質時代の生物
    • 13・3 生物の進化
    • 13・4 系統学
    • 13・5 ヒトの起源
  • 14 先端バイオ技術と社会とのかかわり
    • 14・1 遺伝子を操作する
    • 14・2 細胞を操作する
    • 14・3 個体や人間への応用
    • 14・4 生産と環境改善への取り組み