サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

近世武家史料抄

近世武家史料抄

  • 北原 章男(編)
  • 一 豊臣家五大老連署条目 文禄四年八月三日
  • 二 豊臣家五大老連署条目追加 文禄四年八月三日
  • 三 諸大名連判条々 慶長十六年四月十六日
  • 四 武家諸法度 寛永十二年六月廿一日
  • 五 口上之覚 殉死 寛文三年五月廿三日
  • 六 武家諸法度 天和三年七月廿五日
  • 七 諸大名参勤従者并隠居料覚 正徳二年四月
  • 八 諸大名参勤従者之覚 享保六年十月
  • 九 諸士法度 寛永十二年十二月十二日
  • 一〇 諸士法度(抜粋)養子 寛文三年八月五日
  • 一一 禁中并公家諸法度 慶長廿年七月十七日
  • 一二 老中職務定則 寛永十一年三月三日
  • 一三 若年寄職務定則 寛永十一年三月三日
  • 一四 殿中刃傷一件 貞享元年八月廿八日
  • 一五 御用部屋一件
  • 一六 側用人勤方
  • 一七 大目付勤方規定 寛永九年十二月十八日
  • 一八 大目付動方規定 寛永九年十二月廿五日
  • 一九 老中并諸役人月番ノ始及分職庶務取扱日定則 寛永十二年十一月十四日
  • 二〇 毎月九日可弁達事務ノ定 寛永七年正月
  • 二一 御老中支配 延享元年六月
  • 二二 若年寄支配 延享元年六月
  • 二三 当時殿中席書 延享元年六月
  • 二四 公事裁許役人起請文前書 慶長十九年二月十四日
  • 二五 起請文前書 万治二年三月四日
  • 二六 御評定所張紙 寛永十二年十二月二日
  • 二七 公事裁許定 寛永十年八月十三日
  • 二八 御番衆条目 寛永元年八月十一日
  • 二九 御番衆へ御条目 寛永九年五月七日
  • 三〇 御番衆へ被仰渡覚 元禄七年七月十八日
  • 三一 大御番衆へ被仰渡覚 寛永十七年正月十三日
  • 三二 御番衆へ被仰渡覚 寛文七年十一月
  • 三三 大御番衆道中之作法覚両通 明暦二年四月四日・朔日
  • 三四 大御番衆在番中作法 万治二年四月廿七日
  • 三五 御番入之事 万治元年六月廿五日
  • 三六 諸番士登庸之覚 享保六年十一月十八日
  • 三七 御坊主衆へ御掟 万治二年九月五日
  • 三八 奥坊主衆御条目 万治二年九月五日
  • 三九 殿中御条目 慶長十年八月十日
  • 四〇 殿中禁令条目 元和九年五月十日
  • 四一 殿中禁令条目 寛永元年五月廿五日
  • 四二 諸大名御家人群参登城供人之事 寛永二十年十月四日
  • 四三 御家人登城刻限之事 寛永二十一年十月八日
  • 四四 御旗本中常式供人定 寛永五年二月十一日
  • 四五 下馬ヨリ下乗橋迄召列人数之覚 元禄十二年閏九月十日
  • 四六 役料之定 寛文六年七月廿一日
  • 四七 足高役料之定 享保八年六月十八日
  • 四八 跡目相続御定 寛永十九年十月三日
  • 四九 跡目并養子覚 寛文八年六月
  • 五〇 年増妾腹男子養子願 宝暦三年十月
  • 五一 御目見以下より養子相願 宝暦十年五月
  • 五二 庶子御目見并養子覚 元禄十三年十一月九日
  • 五三 分家本家相続之条々 正徳六(享保元)年閏二月廿七日
  • 五四 小普請金取立之事 元禄三年十一月
  • 五五 殿中表奥之事
  • 五六 殿中名称之事
  • 五七 御奥方御条目 万治二年九月五日
  • 五八 大奥女中衆之事
  • 五九 諸大名証人之事 正保四年四月十九日
  • 六〇 軍役人数割 寛永十年二月十六、十九日
  • 六一 公卿館伴仰付 元禄十四年二月四日
  • 六二 国巡見就被仰付御触 寛文七年閏二月十八日
  • 六三 諸国巡見使覚并被仰渡覚 寛文七年閏二月十八日
  • 六四 浦々巡見使覚并仰渡覚 寛文七年閏二月十八日
  • 六五 福島正則改易一件 元和五年六月二日
  • 六六 加藤忠広改易一件 寛永九年六月朔日
  • 六七 柳川一件 寛永十二年三月十一、十二日
  • 六八 越後騒動一件 天和元(延宝九)年六月廿一日
  • 六九 武家官位御礼銭覚
  • 七〇 寛永諸家系図伝序 寛永二十年九月吉日
  • 七一 松平信綱譜(抄)
  • 七二 寛政重修諸家譜 序
  • 七三 松平定信譜(抄)
  • 七四 御実紀見学例(抄)
  • 七五 大猷院殿御実紀巻二(抄)
  • 七六 大猷院殿御実紀附録巻一(抄)
  • 七七 赤穂探索書 元禄三年
  • 七八 江戸風聞書 安政五年六月
  • 七九 伊達綱村宛領知判物・目録 寛文四年四月五日
  • 八〇 京極高豊宛領知朱印状・目録 寛文四年四月五日
  • 八一 御蔵米地方と引替之事 元禄十年七月
  • 八二 知行所御蔵米と引替之事 享保十七年七月廿三日
  • 八三 知行所御蔵米と引替之事 寛保元年八月
  • 八四 蔵米取札差へ借財対談之事 文政八年十一月十日
  • 八五 身分上下之事
  • 八六 御旗本之面々進退不罷成者有之事 寛永二十年二月
  • 八七 御旗本之面々進退不罷成者有之事 寛永二十年二月
  • 八八 御旗本并徒士同心切米之事 慶安元年十一月
  • 八九 御旗本内職之事 嘉永六年七月
  • 九〇 御家人株売買之事 嘉永六年七八月
  • 九一 御家人株売買之事 嘉永六年六月
  • 九二 侍屋敷間数之定 寛永元年三月
  • 九三 大名武鑑 文化元年
  • 九四 役職武鑑 文化元年