サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

近代日本の知識人と中国哲学 日本の近代化における中国哲学の影響

近代日本の知識人と中国哲学 日本の近代化における中国哲学の影響

  • 徐 水生(著)/ 阿川 修三(訳)/ 佐藤 一樹(訳)
  • 序章 日本近代文化の息吹
    • 一、日本に於ける中国哲学の蓄積
    • 二、近代化の目標と東西文化融合への動き
    • 三、「脱亜」と「復古」の間の難問
  • 第一章 「近代哲学の父」の歴史的選択
    • 一、東儒と西哲、「其の実一なり」
    • 二、宇宙進化論と陰陽の「二儀」
    • 三、近代知識論と「知行」学説
    • 四、「人世三宝説」と儒学の価値観
    • 五、哲学概念の訳語創出と転用
  • 第二章 近代唯物論の新たな解釈
    • 一、漢学への偏愛と西学の紹介
    • 二、荘子哲学と兆民精神
    • 三、荀子、王充、范【シン】と兆民の唯物論
    • 四、『老子』『易』の弁証法と中江兆民の変革論
    • 五、孟子の思想と中江兆民の自由民権論
  • 第三章 東西哲学融合の独創
    • 一、「東洋には東洋の哲学がある」
    • 二、荘子哲学と「純粋経験」
    • 三、陽明学と「真実の自我」
    • 四、儒家倫理と「真正の善」
    • 五、中国仏教哲学と「自己同一」
  • 第四章 諸文化領域における中国哲学の浸透
    • 一、孔子の思想と日本の近代的企業−渋沢栄一を例とする
    • 二、老荘哲学と日本の近代哲学−夏目漱石を例とする
    • 三、中国古代の知恵と先端科学−湯川秀樹を例とする