サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章 イェリネクとウェーバー
    • 1 ウェーバーと国家学
    • 2 宰相ビューローと大戦前ドイツの内政と外交
    • 3 イェリネクの宰相責任論とラーバントの批判
  • 第Ⅰ部 帝制ドイツ国家と国家学の再編
  • 第1章 ドイツ統一と国家学の再編
    • 1 ドイツ国家学の変容とラーバントの実証主義的国法学
    • 2 ギールケの公法実証主義批判
    • 3 イェリネク『一般国家学』と国家学の再編
  • 第2章 ドイツ国家学における君主制の問題
    • 1 ハラーの家産制国家論
    • 2 ヘーゲル−理性的国家としての立憲君主制
    • 3 シュタール−君主制原理の確立
    • 4 君主制原理と国法学
    • 5 イェリネクの君主制論
  • 第3章 連邦制の問題
    • 1 連邦国家と主権の問題−ザイデル
    • 2 ラーバントにおける連邦国家の構成
    • 3 ラーバント連邦国家論に対するギールケの批判
    • 4 イェリネクにおける連邦国家問題の解決
    • 5 イェリネク(ウェーバー)宰相責任論の意味
  • 第Ⅱ部 ウェーバーとドイツ国家学
  • 第4章 法秩序の社会学的解剖
    • 1 イェリネクとシュタムラー−習律と法をめぐって
    • 2 シュタムラーにおける法と経済
    • 3 ウェーバーのシュタムラー批判の意味
    • 4 ウェーバーにおける習律と法−「経済と社会的諸秩序」
    • 5 小結−法と国家の批判的解剖
  • 第5章 「国家」の起源
    • 1 ドイツ国家学と国家の起源論
    • 2 モルガン『古代社会』における家族と国家
    • 3 男性同盟と母権制−シュルツ『年齢階梯制と男性同盟』
    • 4 ウェーバーにおける家共同体と氏族、国家
  • 第6章 西洋型国家の歴史的起源
    • 1 中世国家論争とギールケ
    • 2 ベロウ『中世ドイツ国家』
    • 3 「支配の社会学」における家産制と封建制−ベロウの批判的継承
    • 4 「法社会学」と「都市の類型学」−ギールケの批判的継承
  • 第7章 国家概念の系譜
    • 1 ギールケの国家機関論批判
    • 2 イェリネクの国家=ケルパーシャフト概念
    • 3 ベロウの国家法人説批判
    • 4 ウェーバーによる概念装置の再編−社会学的アンシュタルト概念
  • 終章 ウェーバーと国家学の再建
    • 1 「大戦前草稿」から「新稿」へ
    • 2 「一般国家学」としての「支配の諸類型」
    • 3 国家学の再建−イェリネク『一般国家学』からの方法的な継承