サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第1章 研究の背景と方法
    • 1−1 研究の背景と問題意識
    • 1−2 研究の目的・対象・方法
    • 1−3 本書の構成
  • 理論研究編
  • 第2章 デファクト・スタンダードとは
    • 2−1 標準とは何か
    • 2−2 なぜ標準化が必要なのか
    • 2−3 デジュリ・スタンダードとデファクト・スタンダード
    • 2−4 コンソーシアム型標準
    • 2−5 規格競争の現状
  • 第3章 競争戦略の理論と戦略定石
    • 3−1 戦略論の誕生
    • 3−2 戦略の科学的分析とインプリメンテーション
    • 3−3 競争戦略の研究の分類
    • 3−4 基本戦略を求める研究
    • 3−5 市場対応の戦略定石
    • 3−6 競争対応の戦略定石
    • 3−7 戦略定石研究の問題点
  • 第4章 標準と競争戦略
    • 4−1 従来の戦略論で説明しきれない規格競争
    • 4−2 競争戦略の視点から標準を扱った先行研究
    • 4−3 本書のアプローチ
  • 事例研究編
  • 第5章 事例研究
    • 5−1 CD
    • 5−2 家庭用VTR
    • 5−3 カメラ一体型VTR
    • 5−4 ビデオディスク
    • 5−5 MD/DCC
    • 5−6 デジタル・オーディオ・プレーヤー
    • 5−7 再生用DVD
    • 5−8 DVDレコーダー
    • 5−9 新世代DVDレコーダー
    • 5−10 家庭用テレビゲーム機
    • 5−11 日本語ワードプロセッサ
    • 5−12 パーソナル・コンピュータ(日本)
    • 5−13 パーソナル・コンピュータ(世界)
    • 5−14 マイクロ・フロッピーディスク
    • 5−15 ブラウザソフト
    • 5−16 メモリーカード
    • 5−17 事例研究のまとめ
  • 戦略提言編
  • 第6章 どのような製品かデファクトを形成するのか
    • 6−1 デファクトを形成する製品特性
    • 6−2 パソコンとワープロの特性の違い
    • 6−3 どのセルに位置づけるか
    • 6−4 最高の技術がデファクトになるとは限らない
  • 第7章 デファクト・スタンダードはいつ決まる
    • 7−1 ネットワーク外部性と一人勝ちのモデル
    • 7−2 理論値と実数値
    • 7−3 普及率2〜3%で決まるデファクト・スタンダード
    • 7−4 先発規格が必ずしもデファクトにはならない
  • 第8章 開発期の戦略
    • 8−1 技術の流れに沿う
    • 8−2 競争/協調の選択
    • 8−3 バンドル/アンバンドルの選択
    • 8−4 開発期の戦略の留意点
  • 第9章 導入期の戦略
    • 9−1 導入期の世代間規格競争
    • 9−2 導入期の世代内規格競争
  • 第10章 成長期の戦略
    • 10−1 成長期のリーダーの戦略
    • 10−2 成長期のチャレンジャーの戦略
  • 第11章 成熟期の戦略
    • 11−1 成熟期のリーダーの戦略
    • 11−2 成熟期のチャレンジャーの戦略
  • 第12章 規格競争の戦路定石のまとめ
  • 第13章 デファクトと利益構造
    • 13−1 デファクトをとっても利益に結びつかない
    • 13−2 デファクト≠利益となってきた背景
    • 13−3 オープンとクローズド
    • 13−4 オープン環境下での利益構造
  • 第14章 日本企業の課題
    • 14−1 「タテ型」企業の「ヨコ型」事業への対応
    • 14−2 ダブル・スタンダード
    • 14−3 日本企業はどの方向を目指すのか
  • 第15章 本研究の成果・限界と今後の課題
    • 15−1 本研究の成果
    • 15−2 本研究の限界
    • 15−3 今後の課題
    • 15−4 今後の研究に向けて

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む